ブログ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ 

2020年 9月 29日 大学の授業について②

 

こんにちは!早稲田大学文科構想学部2年 佐藤菜夏です!

先日、秋学期の授業が始まりました!

オンラインでの学習になりますが、しっかりと頑張っていきたいと思います(^o^)

本日は、2年生春学期の授業を振り返っていきたいと思います。

文化構想学部志望の生徒さんはもちろん、志望校選びに悩んでいる低学年のみなさんにも、文化構想学部という他の大学にはあまりない学部について知ってもらえると嬉しいです!

 

 

↑こちらが私の2年生春学期の時間割です!

ここですべての授業を紹介することは出来ないので、私が特に好きだった授業を3つ紹介します!

 

◎テレビ史
テレビドラマの草創期から現在に至るまでの歴史や社会との関わりについて学ぶ授業です。
学期末に提出する最終レポートでは、「東京ラブストーリー」を全話視聴し、時代背景を含めてそのテレビドラマ史上の意義について考えました。
ドラマの楽しみ方がより一層深まるような授業でした!

◎メディアアート論
この授業ではメディアアートとは何かということを意識しながら、班ごとに空想の展覧会を企画し、そこに展示する作品を考えたりポスターやカタログを制作したりしました。
私の班は題のない作品を集めた「名無し展」というものを企画しました。
 文化構想学部らしく、メディアに多く触れることのできる授業でとても楽しかったです!

◎個性の発達と差異
こころの個人差をどのように捉えるのかをテーマにした、心理学系の授業です。
人はなぜ占いを信じるのか?など日常に繋がりのある話題も多く、とても面白い授業でした。
私は文化構想学部文化構想学科の表象メディア論系というものに所属していますが、1年生の後期から心理学に興味を持ち始め心理学も学んでいます!
このように文化構想学部は専攻以外にも様々な分野について学べるところが魅力の学部です。

 

このように大学では自分の興味・関心のある学問について学ぶことが出来ます。

第一志望校に合格しキャンパスで学ぶことを夢見て、一緒に受験を乗り越えましょう(^O^)

 

東進ハイスクール藤沢校 担任助手2年 佐藤菜夏

 


 

2020年 9月 28日 大学の授業について①

こんにちは!上智大学外国語学部フランス語学科1年の小山侑姫です!

最近急に肌寒くなってが来るんだな~実感するようになりました。

それと同時に受験もどんどん近づいてきますね。皆さん体調管理には十分気を付けてください!!(^-^;

 

さて話は変わりますが、今回は大学の授業について紹介します!

今年度の藤沢校担任助手のなかで唯一の上智大学なので、特に語学科目の授業についてお話します♪

↑これが大学に入って初めての私の時間割でした。

わたしは大学ではとにかく語学を学びたいと思っていたので必修のフランス語、英語(ACADEMIC COMMUNICATION)に加えて、「英語圏の人はスペイン語も話せる人が多い」と聞き、自粛期間から独学で始めて念願のスペイン語の授業も取りました!

フランス語の授業

上智の外国語学部はとくに必修の授業が多めと言われています。一年生はほとんど毎日一限から授業があるので朝起きるのが大変です、、、。

週に6回授業あるうち4回は会話、2回は文法の授業です。基本はフランスから輸入したらしい教科書と日本語の文法テキストに沿って授業を行います。

先生は毎授業違うので日本人の先生、フランス人の先生両方から教えてもらいます。

フランス人の先生は授業中に「メロンパンの歌」を歌いだしたりするなどお茶目で面白いです(笑)

 

英語の授業

英語は最初にプレイスメントテストを受けてレベル別にクラスを分けられるので、クラスによってやることは結構違います。

やることはおもに文章を読んで英語でエッセイを書いたり、何週間かかけて準備をしてプレゼンテーションをしたりしました。

みんな英語のレベルが高くて驚きましたが、逆に「自分も頑張らきゃ!」とおもい良い刺激になりました。

二年生以降は英語の選択は自由なので、英語力が伸びるかどうかは自分次第です。ですが、Zoom授業をやっていても1授業につき留学生が2名程いるので英語を使う環境は整っていると思います。後期もオンラインなので早くキャンパスに行っていろんな国の留学生と交流したいです!

 

スペイン語の授業

英語学科以外の外国語学部の人は第三外国語以降は任意でとることになります。

スペイン語の授業も経験者は別のクラスになるのですが基本的にはみんなはじめてスペイン語に触れることになります。

私のクラスは全員初心者ですが授業を全てスペイン語で行うので、最初はついていくのに必死でしたが先生もそれを分かっているのでジェスチャーで伝わるようにするなど私たちの力を伸ばそうとしてくれました。そのおかげで最後の方にはみんな慣れた感じで授業でやった内容は喋れるようになっていました。

 

個人的に秋学期の方が興味のある授業が多かったのでまた機会があればそのときに紹介します^^

 ↑校舎に来るときは手の消毒と検温をしましょう!!

藤沢校担任助手1年 小山侑姫

 

 

 


 

2020年 9月 27日 勉強のやる気がでる名言集!

皆さんこんにちは!明治大学法学部1年の山岡鈴果です!

最近寒くなってきて秋をかんじますね( ^^) 急な寒暖差で体調崩さないよう皆さんもお気をつけてください!

さて、受験生にとっては夏休みが終わりモチベーションが落ちてきた人、模試の結果がうまく伸びず悩んでいる人等、皆さん様々な気持ちで受験生活を過ごしていると思います。

なので!!今回は、勉強のやる気が出る名言集10選を集めてみました~!!!

勉強のやる気が出ていない人も頑張り続けている人も、是非このブログを読んで勉強に励んでください!!

やる気があるときなら、誰でもできる。本当の成功者は、やる気がない時でもやる。 フィル・マグロ-

 

一方は「これで十分だ」と考えるが、もう一方は「まだ足りないかもしれない」と考える。

そうしたいわば紙一枚の差が、大きな成果の違いを生む。  松下幸之助

 

誰よりも三倍、四倍、五倍努力する者、それが天才だ。 野口英世

 

できると思うにせよ、できないと思うにせよ、そのとおりになる。 ヘンリー・フォード

 

失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければそれは成功になる。 松下幸之助

 

成功する人は、失敗から学び、別の方法でやり直す。 ディール・カーネギー

 

したい人、100000人。始める人、100人。続ける人、1人。 中谷彰宏

 

【ハーバード大学の図書館の張り紙二十箇条の抜粋】

六、勉強する時間が足りないことは決してない。努力が足りないだけだ。

 

十一、怠惰な人が成功することは決してない。真に成功を収める者は徹底した自己管理と忍耐力を持つ。

 

二十、努力なしに結果なし

やる気でましたかね~??個人的には東進の吉野先生の「頑張り続けることが最も大切」という言葉が好きです!(^^)!

名言でも歌でもなんでも駆使して、勉強に対するモチベーション保っていきましょう!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!   

  担任助手1年山岡鈴果

 

 

 

 


 

2020年 9月 25日 受験での後悔!やっておけば良かったこと

こんにちは!早稲田大学文化構想学部2年 佐藤菜夏です!

最近とても涼しくなってきて、過ごしやすいですね(^^)

一か月後には全国統一高校生テストが実施されます。

共通テストレベルの模試で、実力を測りましょう!

東進生はもちろん、東進生でない方も無料で模試を受験することが出来ます。

詳しくは【全国統一高校生テスト】で検索してみてください!

 

—————————————————————————————————

 

今日は、私が受験生のときにやっておけば良かったと後悔していることについてお話します。

今この時期にお伝えしたい内容なので、受験生の皆さんには是非最後まで目を通して頂きたいです(^O^)

 

どんなことで後悔したかというとズバリ!

“滑り止め校の対策不足”です。

私は受験生の頃、早慶を合計4学部、MARCHを合計3学部受験しました。

早慶を目指していたということもあり、早慶の4学部は多くて10年分×3周、少なくとも7年×1周は過去問を解きましたが、MARCHの3学部は3年分×1周しか解くことが出来ませんでした。

「早慶対策をしていればMARCHは大丈夫」といった甘い考えがあった私は、結局MARCHでひとつも合格を取ることが出来ませんでした。

皆さんは今まさに第一志望校に向けて学習を進めたり、第一志望校の過去問を解いたりしていると思いますが、併願校対策については考えられているでしょうか?

私の例に限らず、国公立対策をしていれば早慶は大丈夫、MARCH対策をしていれば共通テストはもうやらなくて大丈夫といった考えでいると、私と同じ後悔をしてしまうと思います。

自分の受ける大学よりレベルが低いからとなめてかかるのではなく、それぞれの大学の過去問を解ききちんと分析して、自信を持って受験に臨めるように準備していきましょう!

 

併願校の対策や過去問の進め方に関しては多くの受験生が悩むテーマです。

これからの学習に少しでも不安がある方は是非スタッフに相談してください!

私も皆さんからの相談や質問、お待ちしています!

 

東進ハイスクール藤沢校 担任助手2年 佐藤菜夏

 

 


 

2020年 9月 23日 日本史のオススメ勉強法!!

こんにちは!早稲田大学社会科学部に通っている担任助手二年の小西です!

本日は「日本史のオススメ勉強法」について紹介します。

受験生の皆さんは夏休みの間にかなりの時間をかけ、社会科目を仕上げたのではないでしょうか?

東進では夏休み後に模試がありましたが、納得のいく結果を出せた人、そうではなかった人がいると思います。

夏休みの勉強を振り返って、良かった点・悪かった点を今一度振り返ってみることが大事だと思います。

私自身も受験生の時は日本史選択でした。英・国・日三科目の中でもかなりの得意科目であったので、これから紹介する勉強法が少しでも皆さんに役に立てば幸いです!

音読

皆さん、「音読は英語だけでいいでしょ」などと思っていませんか?日本史においても音読は命なんです!普段のように黙読で学習をするのとは違い、音読においては、目で見て覚える+声に出すことによって印象に残る+その声が耳からも入ってくるなどのように、黙読と同じ内容の学習をしていたとしても格段に効率的なのです。また、声に出して勉強すると、なんだか充実感を得ることが出来ます(笑)「勉強量はこなしているんだけど、なんだか覚えが悪いなあ」「自分の勉強法が非効率な気がしてならない」などと感じている方は取り入れてみてはいかがでしょうか?

資料集を活用

皆さん、参考書はどのようなものを使用していますか?沢山の参考書に手を出してしまっていたり、自分のレベルに合っていないものを使用したりしていませんか?私が受験生の時に使っていた参考書の中で、多くの人にオススメしたいものがあります。それが資料集なんです!()資料集とは、皆さんが学校で配られるであろう写真が沢山載っているあれです。家で眠っているなんて人はいませんか?資料集を使うことのメリットは沢山あります。第一に、カラーで、写真がたくさん載っているから見やすい!そして、印象に残りやすい。特に文化史なんかは、銅像や寺社仏閣の名前に加え、見た目も覚えなくてはいけません。その際にはこの資料集を活用しましょう。また、資料集は、事項別に事柄がまとめられていて、自分でノートなどにまとめる手間が省けるのです。例えば政党の変遷です。難しい政党名が多いことに加え、時系列順に整理するのが大変ですよね。そのような事項をまとめてくれているのが資料集なんです!

年号をしっかり覚える

日本史は流れを覚えることが重要と言うことは再三言われていると思います。流れを覚える上で、何か“軸”となるものが必要になって来ます。それが年号なんです。ただ闇雲に全ての流れを覚えるのは大変な作業ですが、いくつか年号を覚えておけば、軸となり、まっさらな状態からすべての流れを暗記するよりもはるかに効率がいいのです。また、共通テストではもちろん、早稲田の入試においても年代順に並び変えよ、という問題が頻出です。暗記法としては、語呂合わせが最も良いと思います。受験生の皆さんは年号の参考書を一冊購入することをオススメします!頑張ってくださいね(^^)/

いかがでしたでしょうか。参考になったと思うものは是非取り入れてみて下さい!

担任助手2年 小西真央