ブログ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ 

2020年 1月 20日 私大入試に切り替えよう!

 こんにちは!担任助手1年の小池和也です。

昨日でセンター試験が終わりましたね。自己採点ももう済んだでしょうか?

良い点数が取れた人もそうでない人も、ここからがリスタートですね。

 

というわけで、今回お話しするのは今日から私大入試に切り替えよう!という話です。

 

先程も言いましたが昨日でセンター試験が終わり、自己採点をして思うような点数が取れなかった人も多いと思います。

中にはセンター利用が取れなさそうだ、とか国公立の出願先を変えようかな、とか考えている人もいるのではないでしょうか。

 

その様な人は不安ですよね。

しかし!今すべきことは、どうしようどうしようと不安がることではありません!

センターが悪かったなら悪かったなりに、良かったならそれをふまえて、今後どのように勉強するかを考えるべきなのです。

 

特に私大が第一志望の人はセンターの点数を使わない人が多いですよね。

そんな中でセンターにとらわれて勉強に身が入らないなんてのはもったいなさすぎますね。

 

センター試験から私大入試や2次試験まで20~40日程度あると考えてみましょう。

1日12時間ほど勉強すれば240~480時間ある計算になります。

この時間を目標に向かって集中して勉強するか、暗い気持ちでしょうがなく勉強するかで、必ず大きな差が生まれます。

 

実際に今僕と共に働く仲間の中にも、センターで失敗してセンター利用がことごとく取れなくても気持ちを切り替えて勉強して、見事早稲田に合格した担任助手もいます。

 

ここまででしっかり切り替えて勉強しようという気になったでしょうか。

その気にならなかった人は切り替えられるまでこのブログを繰り返し朗読して下さい。

その気になった人は次のように行動してみてください。

 

まず、センターの結果を受けて最終的な志望校と明日以降の勉強方針を決めてください。

これは今日中です。

次に、決めた勉強方針の通りに行動して下さい。

ここで重要なのがモチベーションを上げることです。

自分の夢や合格に向かって走っていること、自分ならできる、という事を忘れないでください。

あとは少しの楽しむ気持ちですね。

これはできれば今日のうちに、遅くとも明日には実行してください。

 

いかがでしたでしょうか、もちろんセンターでうまくいった人も油断してはいけません。

すぐに追い抜かされてしまいますよ。

 

きちんと気持ちを切り替えて、強い気持ちで勉強していれば必ず結果は変わります。

最後まであきらめず頑張りましょう!!

 

 

 

 

↓↓東進公式ホームページ・資料請求・体験授業・入学申込はこちらをクリック↓↓ ↓↓ ↓↓

2020年 1月 17日 明日はセンター試験!受験生へ激励メッセージ

 

 

 

こんにちは!早稲田大学商学部1年の大道です。長い受験勉強も最終盤に差し掛かり、ついに明日はセンター試験ですね!ということで今回は題名にもある通りセンター試験を受ける受験生に向けて激励メッセージを書かせていただきたいと思います!

センター試験は多くの人にとって最初の受験本番なので緊張するとよく耳にします。確かに国公立志望の人にとっては特に第一志望合格への一歩目が踏み出せるかの大切な試験ですし、緊張する人も実際多いのではないかと思います。しかし、同じ学校の友達も基本的には同じ会場にたくさんいますし、私立志望の人にとっては言ってしまえば「センター利用で取れたらいいなー」と思っている大学が取れるかどうかだけの話ですし、なによりセンターで「緊張して実力が出せなかったらどうしよう」と心配していては第一志望の試験はどうなってしまうのかということになってしまいます。緊張するのは今までしっかり努力してきた証拠だと思いますし、ほとんど全員緊張するはずなので心配しなくて大丈夫だと思います。しっかりと今までやってきたことを信じて実力を発揮できるようにベストを尽くすだけです下手に気負ってもいいことはないですし、実力を発揮できるように力を抜いていつも通りを心がけましょう!

今から出来ることはコンディションをしっかりと整えて最高の状態で試験に臨むことだけです。今日は早く寝て明日に備えましょう!

 

藤沢校担任助手1年大道海翔

 

↓↓東進公式ホームページ・資料請求・体験授業・入学申込はこちらをクリック↓↓ ↓↓

 

 

 

 

 

 

2020年 1月 16日 センター試験まであと二日!受験生への激励メッセージ

こんにちは!横浜国立大学理工学部3年の大井です!

センター試験まであと2日!ここまで頑張ってきた皆さんなら大丈夫!!と言いたいところですが、本番は緊張してしまいますよね。本番緊張しないためにも今から本番での過ごし方を想定していきましょう!

ご存知の通り、センター試験は科目間の休憩時間が長いです。そこでの時間の使い方は様々ですが、自分が一番リラックスできる過ごし方は何でしょうか?外を軽く散歩するもよし、目を閉じて瞑想するもよし、最後まで全力で勉強するのもよいかもしれません。ただし、休憩の後は60分、80分と長い時間、試験に集中しなければならないことを念頭に休憩時間を過ごしてくださいね!私のオススメは外を散歩してから、重要なポイントだけ軽く復習して試験に臨む!です。試験会場は人が多く熱気がすごいので、外の冷気を浴びながら疲れを取り、試験中に集中が途切れないように直前の復習では頭が疲れない程度にとどめていました。

ここまで休憩時間の過ごし方について話してきましたが、本番緊張するのは当たり前、緊張するのは全力で取り組んできた証です。皆さんは合格に足るだけの努力をしてきました。後はそれを本番にぶつけるだけなので、自分の実力以上を求めず、力を出し切ることだけに集中してください!皆さんのことを心から応援しています!頑張ってきてください!!

 

担任助手三年 大井翔太

↓↓東進公式ホームページ・資料請求・体験授業・入学申込はこちらをクリック↓↓ ↓↓ ↓↓

 

2020年 1月 15日 センター試験まであと三日!受験生への激励メッセージ

こんにちは!

明治大学理工学部数学科 三年の磯部 勇代です!

受験生の皆さん!

あと三日でセンター試験ですね!

そこで僕が受験生の皆さんに伝えたいことは

「体調管理の重要性」です!

ここまで来ると

100%の力を本番で出し切ることが出来るかが

鍵になってくるかなと思います。

あと三日ということもあり、

皆さんラストスパートを

かけていることと思います。

その中で、無理をして、

体調を崩してしまうのではないかということを

僕は一番心配しています。

本番体調が優れず

100%の力が出せないということは

最悪のケースです。

 

実際に僕も前日熱を出してしまいました。

(本番は何とか治りましたが)

残りの期間ラストスパートをかけたい気持ちは十分わかります。

ですが、それで体調を崩し、これまでの努力が水の泡となってしまっては

後々とても後悔することになると思います。

なので、最後まで全力で頑張ってほしいと思いますが、

体に無理のないようにお願いします。

担任助手三年 磯部勇代

↓↓東進公式ホームページ・資料請求・体験授業・入学申込はこちらをクリック↓↓ ↓↓ ↓↓

 

2020年 1月 13日 受験生決起会が行われました

こんにちは、担任助手一年の朽木詠祐です

いよいよ年も明けて、センター試験が間近に迫ってきました。

と、いうことは、もちろん恒例のあのイベントも開催されるということですね。

あのイベントとは、そう!

センター直前受験生決起会です。

例年、センター試験に向けて士気を高めあって大いに盛り上がるイベントですね。

今年度は、担任助手一人ひとりのメッセージと、恒例の一発ギャグで受験生のモチベ―ションを上げてることが出来たと思います。

担任助手のメッセージでは、センター試験に向けての対策方や、心の支えになるような熱い言葉など、受験生にとって今後役立つ様々なメッセージを送りました。

その時の様子を少しだけ掲載します。

また、船木担任助手(一年・慶應経済)による渾身の一発ギャグでは、受験生の代わりにスベってくれて、結果オーライでした(笑)

最後は、OB担任助手も応援に駆けつけてくれて、応援のメッセージやプレゼントを持って来てくれました、応援に来てくれた方々、ありがとうございました。

決起会も終り、校舎では雰囲気がいっそう引き締まったような気がします、

ここまでの努力を信じて、センター本番実力を出し切ってくれると良いですね

頑張れ受験生、校舎から応援しています。

 

↓↓東進公式ホームページ・資料請求・体験授業・入学申込はこちらをクリック↓↓ ↓↓