ブログ | 東進ハイスクール 藤沢校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ 

2022年 10月 5日 単ジャンのおもひでjjjjj

おはようございます。

長かった夏休みも幕を閉じ、気付けば肌寒くなってきましたね。

サウジアラビアを思い起こさせるかのようなあの夏は何処へ行ったのでしょうか。

私は寒いと心まで寒くなるので冬が嫌いです。夏は心も熱くなれるので好きです。

安達です。

ソース画像を表示

 

 

本日は私が単ジャンをどのように使っていたかを紹介します。

参考にできそうならば真似し、悪い部分は反面教師にしてほしいと思います。

 

一言でいうと私は単ジャンの数学を解くのが大好きでした。

というよりかは解けなさそうな難しそうな問題をなんとか考えて考えて完答することに衆生の喜びを感じていました。

メンタルが病みやすい受験期において唯一の精神安定剤でしたし、そこから得られた0を1にする思考力・発想力は受験を終えた今にも生きていると感じます。

 

また、実際受験本番で活かせました。それを象徴する具体的なエピソードもあります。

 

私は早稲田大学商学部を数学型で受験したのですが、今年の第二問を本番の緊張の中7分で完答しています。

開示を見ても満点でした。興味がある方は2022の問題を覗いてみて下さい。

 

これが単ジャンに関する私の使い方の良い側面です。

 

続いて、この勉強における悪い側面は、時間がかかりすぎるということです。

 

0を1にするという表現を先程用いましたがそこには1を100にするのよりもずっと膨大な思考時間を要します。

にも関わらず解けることが気持ちよいのと、負けず嫌いなのが作用して私はそれを続けてしまいました。

 

 

ここで、教訓としてほしいことがあります。

解けた瞬間の快楽のためだけに貴重な受験生の時間をかけすぎるのはやめましょう。

悔しくても、時間で区切って途中でやめるべきです。

 

私の受験全体の総括としても言えることですが、好きなことだけやっているのでは受験は受かりません。

我慢して苦手な科目にも時間を割かなくてはなりません。

 

受験で人が成長するという言説は自己を管理できねば落ちるという上記の一面から来ているのでしょう。

それを深く深く、身をもって実感しました。

 

単ジャンの説明会に出た人は、演習数500を超えてやっと効果が出始め、

1000をこなして受からなかったものはいないという話を聞いたのではないでしょうか。

 上記のようなやり方をしていた私は、一問にかかる時間が非常に長かったため当然演習数も少なかったです。

 

ただ必勝必達を倒すためだけにクリアしていく単ジャンの使い方は到底容易に肯定することはできませんが、

演習数が少ないよりかは多いにこしたことはありません。

 

 

 

最後に、単ジャンで多様な問題を解き進めることで問題への感覚が研ぎ澄まされていく様子は

まさに研鑽を積むという言葉で的確に表されるように感じます。

これを読んでくれた生徒の皆さんが、少なくとも受験が終わるまでの日々、研鑽を積み続けることを願います。

 

 

 

 

 

2022年 10月 1日 学部紹介〜法・政治〜

小宮です。大学生の夏休みもそろそろ終わります。

受験後初めての夏休みは、今までの人生の中で一番楽しかったです。

もう一回やり直したい、、、

法学部とは?

多分「法学部とは?」と疑問に思う人は少ないでしょう(^^)

そのままです。法を学びます。

私は政治学科なので、政治学の授業の方が多いですが、もちろん法学も学びます。

どんな授業?

実際の判例を使いながらこの事例は有罪かどうか。

有罪だとしたらどの法律に基づいて犯罪なのか。

を考えます。

これがまた結構面白くて、

リーガルハイとかの弁護士ドラマめっちゃ見てた私は「おお!」ってなりました。

法学部の人の進路?

法学部といったら法曹界!と、思う人も多いと思いますが

実際法曹界を目指す人は少ないです。

例えば、慶應の法学部政治学科は、慶應の中でも社会学をメジャーできるので有名です。

実際私も、社会学を中心に今後授業を取っていこうかなと考えてます。

法学部にあってる人!

・論理的に考えるのが好きな人

・法曹界に行きたい人

・社会の仕組みを知りたい人

etc…

簡単ですが法学部について、でした。

少しでも興味が出た人はぜひ法学部に!!!

一年小宮奈々

 

 


2022年 10月 1日 頑張っている生徒紹介

こんにちは担任助手2年生の清本です。

つい先日、Apple Watchという中々の時計を失くしました。

朝寝坊し、急いで駅まで走っていたらどうやら落としたみたいです…。

健康的に生きようと心に決めた瞬間でした。

さて、今回は東進内で頑張っている生徒を紹介していきます。

今回取り上げるのはM君です。

彼は部活とともにクラブ活動も行っておりかなり多忙な生徒です。

しかしながら忙しい日でも登校を欠かさず頑張っています。

内容面で言えばまだまだ頑張ることができる生徒ですが、部活生は時間を見つけて頑張らなくてはいけないということを理解している証拠ですね。

部活生は忙しいのは当たり前。

ですが、部活をやると決めたのは自分自身です。やると決めたからにはどちらも頑張りましょう。

部活や習い事が忙しいからと勉強をおろそかにするのは、全くナンセンスです。言い切ります、いずれ必ず後悔します。

いつか必ず来る未来なら今のうちからコツコツ頑張りましょう!!

近道をしようとしないこと、これが結局一番の近道です。

時間は有限、後悔しないように頑張りましょう!!

担任助手清本翔一朗

 


 

2022年 9月 30日 学部紹介 ~理・工学部~

こんにちは。最近免許をとるために自動車学校に通い詰めている小山です。運転って楽しいですね。

今回は理学部工学部を紹介していきます。

 

 

何をする学部なのか

<理学部>

数学・物理・化学・生物などの原理を追求する学部。

主な学科:数学科、物理学科、化学科、生物学科,etc

 

<工学部>

数学・物理・化学・生物などの科目を融合・発展させて社会に役立つ技術などを研究する学部。

主な学科:機械系学科、情報系学科、建築系学科、電気・電子系学科、etc

 

理学部は結論があるモノの原理を解明しようとするのに対し工学部は結論を探すという違いがあって面白いですね!科学の真理を追究したいのか、科学を用いて新しいものを創りたいのか、あなたはどっちですか?

また、就職に関してですが、割合として理学部は大学や企業の研究職・工学部はメーカーに就職するという傾向があります。理学部の方が就職に不利という憶測があるかもしれませんが、そんな事は無いです。自分の興味のある学部、学科に進みましょう!

学部や学科を選ぶ上では研究室を調べてみることがとても良いです。興味を引く研究が沢山ある学部・学科を選ぶと後々楽しく勉強できると思いますよ!

 

 

具体的な勉強について

数学:線形代数などの高校までは習わなかった科目や、より厳密な微積分などを学びます。哲学みたいになってきて難しいです(-_-;)

物理:あまり多くの高校生にはなじみがないですが、微分積分・ベクトル演算を用いて物理を学びます。東進の苑田先生とかは微積物理を教えていますね笑

化学:僕はまだ化学の授業を受けていないので詳しくは分かりません…

生物:基本的には高校生物の延長といった感じです。ただ、より物理的・化学的アプローチによって生物を学びます。

プログラミング:C言語・Javaなど媒体は違えど学ぶ人が多いと思います。プログラミングそのものはもちろん論理的思考力が身につきます。

実験:多くの理系大学生が苦労するであろう実験です。実験自体は楽しいことが多いですが、何と言ってもレポートや実験ノートが大変!!

 

まだまだ色んな授業があると思います。あなたの志望校の授業も調べてみてはいかがですか!?

 

 

 

担任助手1年 小山朋樹

2022年 9月 30日 高校生必見!意外と知らない!?英語の外部試験まとめ👀

こんにちは!写真は熱海で食べた海鮮丼です🐡おいしすぎた!!!

今回は英語の外部試験について、試験内容、大学入試での利用などについてくわーーしく解説していきます!

わたしが受けたことあるのは、英検とTEAPです!この2つは受験生も受ける人が多いイメージです!今回は主にこの2つを中心に解説していきます!

【?そもそも外部試験受けるメリットは?】

→英語力向上!自分の英語力調査!4技能の勉強!試験会場として大学に行ける!国際的に通用する資格!などがあげられます!

 

目次

①みんなお馴染み英検

②英検のいとこみたいなTEAP

③その他の外部試験

④CEFLって知ってる?

⑤大学入試と外部試験

 

①みんなお馴染み英検

小中高通して誰もが1度は受けたことあるのでは?というほどメジャーな英検!

公式サイトによると、準2級、2級が高校生の学習内容にあたり、大学入試レベルの難易度です!つまり、2級まではマスト!難関校上位校志望者は準1級まで合格できるとベスト!

【英検のおすすめポイント】

自分の英語力を計る機会になる!4技能のテストが受けられる!合否が明確!大学入試で有利になる!型が決まっているので勉強しやすい!

受験に利用する場合は合否だけでなく、スコアも重要になってきます!

(試験時間について)

準2級 筆記(Reading+Writing) 75分 Listening 25分 Speaking 6分

2級  筆記(Reading+Writing) 85分 Listening 25分 Speaking 7分

準1級  筆記(Reading+Writing) 90分 Listening 30分 Speaking 8分

ReadingとWritingの時間が区切られていないので自分で時間配分を調整することができます!!

【英検CBTというちょーー便利な試験方法について】

通常の英検は年3回、1次試験と2次試験に分かれていますね?CBTは、コンピューターで試験を受けて、1日で全部の試験が終わります!!さらに、毎週土曜日に開催されるので、予定に合わせやすい!チャレンジ回数が多くなる!という利点もあります!

Speakingもコンピューターのため、面接官と話すのが苦手な方には特におすすめです!

Readingではコンピューター上の操作にはなりますが、マーカー、見直しようのチェックなど紙のときと同じように解くことができます!

Writingもコンピューターなの?タイピングできないから不安、、(´;ω;`)がいるかもしれません。しかし、、安心してください!!コンピューターに打ち込むか紙に書くか選べます!!

皆さんの中にはCBTで受けても大学受験で利用できるの?と疑問をもっている方がいるかもしれません。これも、安心してください!通常の英検と同じ扱いになる大学がほとんどです!

これがCBTの時間割になります!順番には注意です

ぜひ英検受けましょう!!!

 

②英検のいとこみたいなTEAP

TEAPってご存じですか??上智大学と英検協会が協力してつくった試験です!

年3回あります!英検は集合から解散まで3時間ぐらいであるのに対し、TEAPは8時間ぐらい、つまり朝から夕方まで!!

知っていると便利情報として、最後のSpeakingは受験番号順に呼ばれるので、早めに申し込んでおくと待機時間が短縮できます!

TEAPの特徴は、問題の難しさ!にあると思います!問題の難易度は早慶レベルらしい、、。しかし、合否があるわけではなく、自分の到達度を計るテストです!

それぞれ100点満点で計400点です!MARCHレベルの大学志望者は220-260取れると合格ライン、早慶以上志望者は、300点以上が合格ラインとされています。

TEAPの時間割はこちら!

英検と比べてそれぞれの試験時間が長いです。ReadingとListeningの間に休憩はないので2時間ぶっ通しということになります。

TEAPの1番の難関はListeningだという声が多数です。1問の音声が長い、そして問題数が多いです。途中で心が折れそうになってしまいます(´・ω・`)

ここまでの説明を読んで難しそう、、と感じると思います。しかし、問題形式は決まっているので対策はしやすいです!

4技能それぞれしっかりと対策が必要なので、英語力向上にはもってこい!な試験です!

TEAPにもCBTがありますが、問題形式が少し異なること、大学入試で利用できないことが多いことから、英検のCBTほどおすすめはできません、、。通常のTEAPも1日で4技能すべての試験が終わるので、通常版で受けてしまうのがおすすめです!

 

③その他の外部試験

上記にあげた英検、TEAP以外にもIELTSやTOEFL、TOEICなどたくさんあります。わたしはまだこれらを受けたことがないので、詳しい説明はできませんが、軽く解説していこうと思います!これらの試験もTEAPと同じように合否ではなく、自分の到達度をはかる試験です!

【IELTS】

まず読み方はアイエルツです!IELTSの一番の特徴は、イギリス英語であることです!!アメリカ英語と イギリス英語はrの発音が異なったり、同じものを指すのに違う単語だったり結構違います!日本の英語授業では、アメリカ英語が使われていることがほとんどだとおもいます!なので、イギリス英語を勉強したい!!という方におすすめです!

【TOEFL】

実は世界で通用するのはTOEICよりもTOEFLなんです!英検やTEAPに比べてReadingの内容がビジネスであるのが特徴だと思います!将来留学を考えている方は早めからTOEFLの勉強をしておくと役に立つと思います!!

【TOEIC】

将来日本企業に就職したい!という場合に役立つのがTOEICです!今は英語力が就職の重要な判断材料となっていて、TOEICを基準にみられるところが多いそうです。これもTOEFLと同じでReadingの内容はビジネス、!

 

④CEFLって知ってる?

ソース画像を表示

まず読み方はセファールです!CEFRとは文部科学省が定めていて、世界共通の言語習得状況を示すものさしです!異なる試験を受けても同じ尺度で英語力がはかれるというわけです!

MARCHレベルの大学志望者はB1、早慶以上志望者はB2の英語力が必要になってきます!

大学入試でも、CEFRが基準となるところもあります!自分に合う試験方式を見つけて高いレベルのCEFRを目指しましょう、!

 

⑤大学入試と外部試験

外部試験を受けていると、大学が、「おっ!君はそれだけの英語力があるのね!英語の試験免除でいいよ!or加点してあげよう!」となります!

複数の大学を受験することになると思います。日程によっては、連日試験なんてこともあります。英語の試験がないだけでも体力温存になります!!

例えば立教大学では、英語の学部入試を行っておらず、外部試験または共通テストが英語の得点となります!出願するときに外部試験のスコアも提出しておけば、共通テストの英語でいい点数が取れなくても、合格できるかもしれない!という保険になります!!

明治大学や早稲田大学では、外部試験利用と一般入試を併用できるので、学部入試の英語がうまくいかなくても合格できるかもしれないのです!!

また、共通テストを使う早稲田の学部や上智の入試では、外部試験の点数によっては、共通テストの英語の点数に加点できます!!

とにかく、外部試験の資格をもっていると圧倒的有利です!!

 

 

わたしは留学を考えているので、そのためにこれから外部試験を受けていこうと思っています!一緒にがんばりましょう☻

担任助手1年 宅和夏海