ブログ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ 

2019年 1月 8日 私のグループミーティング!

こんにちは法政大学経済学部国際経済学科に通っている1年の内田慶辰です!

皆さんお正月はどのように過ごされましたか?

お年玉は貰えましたか?(笑)

ちなみに僕は東進が行っている正月特訓に参加してきました。生徒一人一人からパワーをもらったし、僕も生徒にパワーを上げて来ました。

なので皆さんにもパワーを送ります!

さて前置きはこれくらいにして、本日は僕のグループミーティングを紹介したいと思います。

僕の担当している生徒は7人います。

違う高校に通っていることもあり、まだみんなお互いに距離がある感じではありますが互いにいい刺激を与えられていると思います。

みんな部活が忙しい中、校舎に来て頑張ってくれています。

その中でも、僕が皆さんに紹介したい生徒はIくん

Iくんは12/26~12/29の4日間で行われた冬期合宿に参加してくれました。

帰ってきた後もしっかり音読に励んでくれています。そろそろセンター試験同日体験受験が迫ってきているので、それに向けて毎日校舎に来て努力しています。

上記にも書いたセンター試験同日体験受験1/19と1/20に本番のセンター試験と同じ時間で行われます。

今の実力を知るためにも是非受験しましょう!

本日はここまで~

東進ハイスクール藤沢校 1年 内田慶辰

 

 

 

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓

2019年 1月 7日 合格サポートシステムに登録、活躍しよう!

あけましておめでとうございます!ついに2019年を迎えましたね。

受験生はセンター試験まで残り12日となりました。センター試験が終われば二次試験が本格的に始まっていきます。

そこで今日は、二次試験を受験するにあたって便利になってくる合格サポートシステムについて紹介していきたいと思います!

 

合格サポートシステムとは、東進学力POSサイトで受験校を登録するシステムのことです。

自分のPOSを開いたら、左の黒枠のところに「合格設計図・受講状況」という欄があるのでクリックして合格設計図作成システムを開いてください。

そこで自分が受験する大学を登録すると、願書締切日試験日合格発表日がカレンダーに一覧となってみることができます!

わざわざ調べることなく、大学・学部・学科を入力するだけでいいので是非活用してみてください!

 

藤沢校担任助手 魚躬彩希

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓

2019年 1月 6日 【Mt.藤】 開催中!

こんにちは!横浜国立大学教育学部2年の松永悠です!最近寒くてインフルエンザなども流行ってきましたが、みなさんは予防接種ちゃんとしましたか?そんな寒い中ですが、東進ハイスクール藤沢校では【Mt.藤】というイベントを開催中です!

Mt.藤とは、グループミーティング対抗の向上得点レースのことで、12月17日~1月16日までの一か月間で、向上得点をグループミーティング全員で平均15点目指そうというイベントです!

そもそも向上得点とは何かというと、確認テストや高速基礎マスターをやるごとに入る得点のことで、東進ではこの向上得点を努力の指標として使っています“向上得点1点 = センター試験1点分”に換算されるようにできているため、向上得点は言い換えると、センター試験1点を取るために必要な努力量ということなんです!

Mt.藤では、この向上得点を軸に、冬の学習量=努力量を上げようという目的のもとイベントを行っています!というのも、東進で難関大に合格した生徒は高校2年生の12月からの1年間で、累計向上得点を200点以上取っているという共通点があり、更に年間200点越えの人の多くは、高校2年生時の12月1か月間で向上得点を15~20点取っているというデータがあるのです!当たり前かもしれませんが、難関大に合格する人ほど早い時期からの努力量が多いということです!

大学受験では、3年生の受験期がクローズアップされがちですが、難関大に合格しようと思ったら受験生になる前の今の時期から努力を積んでいくことが最も大切になってきます。遅いと思った時が一番早いこれは去年、東京大学に合格した生徒から貰った言葉ですが、受験においてこれほど心強い言葉はないなと実感しています。

これからの受験生活で「今からじゃ遅いな~」と思うことがあるかもしれませんが、そう思った時が実は一番早い時で、迷っているくらいならすぐ行動を始めるべきです。高校1・2年生のみなさんは、難関大合格に向けて”今”行動を始めましょう!

ちなみに、東進では高1・2年生のみなさん向けにセンター試験同日体験受験という模試を用意しております!1年あるいは2年前に本番の問題を解き、自分の実力と志望校とのギャップを知り今後の勉強の計画立てに使ったり、モチベーションアップに繋げたり、受験勉強を本格的に始めるきっかけにしたりと、活用方法は人それぞれです!是非受験して、これからの勉強に役立ててください!下に申し込み用のバナーがあるのでクリックして申し込みをしましょう!

色々と書きましたが、藤沢校では時期に合わせて生徒の皆さんを応援するイベントを開催しています!少しでも興味あれば、是非藤沢校にお越しください!

藤沢校担任助手2年 松永悠

 

↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓

2019年 1月 5日 助手別・1月はこう過ごす! part1

こんにちは。2019年が始まってもう5日も経ちましたね!

人それぞれお正月の過ごし方は違うと思いますが、受験生の皆さん「お正月だから勉強しなくて良いかな」「明日から頑張ろう」と思ってだらだら過ごしてしまっていたりしませんか・・・??せっかくここまで頑張ってきたのにセンター試験前にだらけてしまったらもったいないですよね!藤沢校では1月1日から校舎で勉強している受験生がたくさんいます!!!

直前になってどのように勉強したら良いか悩んでいる人もいると思うので、本日は私が受験生時代の1月に行っていたことについてお話します。

センター試験前と試験後では内容が違うので分けてお話します。

~センター試験前~

多くの受験生は昨年の10月あたりから今の時期まで私大対策として過去問を演習するなどして応用問題に触れていた時期が続いていたと思います。しかし、センター試験は基本問題なのでこの時期は応用問題の赤本を全く解かずにセンター試験の勉強のみを行いました。具体的には、書店などで販売しているセンター試験形式の問題を購入して演習を行い、時間配分の確認大問別演習で苦手分野を中心に演習して基本問題を早く正確に解くことが出来るようにしていました。

また、本番は緊張して焦ってしまうことで時間配分を決めていても時間をオーバーしてしまうこともあるので時間を少し短く(英語は60分、数学は50分のように)設定して演習していました。そうすることで焦ってしまっても対応できるようになったと思います。そして、解く際は必ずマークシートを使っていました。自分は絶対にマークミスをしないから大丈夫と思っていたりマークシート面倒だなと思っている人もいるかと思いますが、ここで面倒くさがってマークミスしたら今までの努力が水の泡ですよね。私の友達も第一志望の大学でマークミスをした子がいました。。。

藤沢校では受付でマークシートを欲しいという旨を伝えてもらえれば科目にもよりますが渡せるので買うのが面倒であれば声をかけてみてください。

 

最後に高速基礎マスター講座や単語帳等を使って単語・熟語・文法の基本事項の復習は絶対にしましょう。2週間前は演習分野中心、1週間前からは暗記分野中心など自分のやりやすい方法で進めていってください。

 

~センター試験後~

センター試験後はセンター試験が上手くいっても上手くいかなくても気持ちを切り替えて過去問演習のみを行いました。私自身、数学がⅠAⅡBともに直前よりもー30点の結果でとっても芳しくない結果になりましたが、当時は自分でも不思議なくらいポジティブで次の日から私大の過去問に取り組むことが出来たので私大は大きな失敗なく終わることが出来ました。

センターで上手くいかなくて落ち込んでしまうのは仕方ないですが、何日もずるずると引きづってしまうとその時間も他の子は勉強しており差が開く一方なので切り替えていきましょう。また、うまくいった人もここで緩めてしまうともったいないので勢いに乗って過去問演習に臨んでください。

 

ここからはこの時期の私の過去問演習についてお話します。私は12月中にすべての大学の過去問が1週は終わっていたので1月中にすべての大学の過去問をあと2周解いて過去問演習は完璧にやり切りました。暗記分野では間違えてしまったところを教科書に書き込んだり張り付けるなどして情報を1つにまとめ、自分の苦手分野の把握や頻出分野が一見してわかったので効果的でした。また、第一志望は10年分を3周やり切ってしまったので11年前のものにチャレンジしたりしていました。

 

自分なりのやり方がもう決まってきているので最後まで気を抜かず、試験を受ける際に「これだけ頑張ったからどんな結果でも悔いなくおわることができる」と思えるくらいまで頑張って下さい。

 

藤沢校担任助手 松平梨沙

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓

2019年 1月 4日 出願準備はできていますか?


こんにちは!明治大学国際日本学部に通う今川満帆です!

年末年始はことにつけて食べ過ぎてしまいますよね。私はおせちの黒豆が大好きで、毎年この時期は黒豆ばかり食べてしまいます…。
食生活を含む生活リズムが崩れやすいので、体調には万全の注意を払っていきましょう。

さて、試験シーズンが迫ってきましたが、前提として出願準備はできていますか?
当然ですが、出願に不備があれば今まで血のにじむような努力が水の泡になってしまいかねます。
ここでは出願の際に注意するべきポイントをお伝えしたいと思います。
きちんと万全な準備をして、本番に臨みましょう!

①ミスなく丁寧に願書を書く!
当たり前ですが、記入間違い・記入漏れのないように細心の注意を払いましょう!
万が一間違えてしまった場合は二重線の上から訂正印を押して対処しましょう。

②出願締切日を厳守する!
「●日必着」と書いてある日に願書が到着するように送りましょう!
1・2日到着日にゆとりをもって提出するように心がけてください。

③願書は自分で記入する!
記入事項が多くて煩雑な願書記入は、自分で書くのが少し面倒に感じる人も多いと思います。
しかし、あくまでも自分の進路なので親御さんに任せきりにせず、自分で記入しましょう!

④確認画面はコピーをとっておく!
と言っても最近はネット出願が増えているので、自分で記入する形式は比較的少ないと思います。
ネット出願の際は特に、必ず受験番号・受験会場・受験料支払締切日などの確認画面は、
必ずコピーをとるか、書き留めておきましょう!

大きく分けて4つのポイントに着目してお話ししましたが、
一番大切なことは丁寧に記入することです。
ミスの無いように、可能であれば親御さんに確認してもらいながら出願しましょう!

受験生にとってはこれからが勝負時になってきますが、
高校1・2年生のみなさんも冬休み明けから「次学年0学期」が始まります。
東進ハイスクールで、早期スタートを切りませんか?
藤沢校では、無料で授業が受けられる新年度招待講習を行っています!
また、センター試験同日体験受験の申し込みも受け付けておりますので、
是非ふるってご参加ください!校舎にてお待ちしています。


藤沢校担任助手 1年 今川満帆

 

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓