志望校対策HRが行われました!~日本女子~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 24日 志望校対策HRが行われました!~日本女子~

こんにちは!藤沢校担任助手の齋藤祐里佳です!

今回は10月11日に実施された志望校対策HRの日本女子大学編についてお話しします!

 

今回のHRでは

受験方式

問題傾向

過去問演習対策

この3点から日本女子大学の入試についてお話ししました。ここでも少しご紹介します!

 

まず初めに、受験方式について。

日本女子大学の受験方式は2種類あります。1つ目はセンター利用型、2つ目は一般入試です。センター利用型は学科、専攻が変わっただけで配点合計点が大きく変わりますのでよく注意してみるようにしましょう!

次に問題傾向について。

女子大は一般的に国語が難しいと言われているようですがまさにその通りです!!その理由として言えるのは恐らく現代文と古典で記述があるからだと思います。古典に関して言えば、現代語訳をするだけではなく文章の内容を理解して説明するような問題も含まれます。でも安心してください!!日本女子大学はどの教科であっても基礎基本がしっかりできていれば解ける問題がたくさんあります!!この時期は受験ラストスパートに差し掛かる大事な時期になると思いますが、一つずつ丁寧にやるべきことを片付けていけるといいと思います!

最後に過去問演習対策について。

合否の大きな分かれ道になるであろう過去問演習。日本女子大学の場合はどのように進めていった方がいいのか・・・。

まずは試験の時間配分にどの教科も気を付けていけるといいでしょう!見直しの時間を含めた時間配分を心がけられるといいと思います!

英語に関しては基礎的な文法や語彙問題が多く出題されるので入試直前まで詰めていけるといいですね!また、学部によっては英文和訳や整序英作文、和文英訳なども出題されるのでその対策もできたらいいのかなと思います!

国語に関しては先ほどもお話しした通り、記述の対策が必要です!聞かれていること自体はそれほど難しいわけではないのでしっかり自分の言葉で説明できるように練習していければいいのかなと思います!

日本史・世界史に関しても基本的な問題が多く出題されるので歴史が嫌いだと思っているそこのあなた!!まずはセンターレベルから押さえていきましょう!

数学に関しては計算量の多い問題が出題される傾向があるようなので日頃の演習から途中計算を抜かさずに最初から最後まで計算しきることが大切だと思います!

みなさんどうでしたか?日本女子大学の入試について少しはわかりましたか?

センター試験まで100日を切ってしまった今、受験生の皆さんは焦ったり不安に思っていることだとは思いますが、最後まで諦めないで自分は絶対ここに合格するんだ!!という強い意志を持って頑張ってください!!私たち担任助手も最後まで全力でサポートします!!

東進ハイスクール藤沢校担任助手 齋藤 祐里佳

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓