12月最終センター本番レベル模試を終えて | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 29日 12月最終センター本番レベル模試を終えて

こんにちは!慶應義塾大学理工学部物理情報工学科3年の中野誠也です!

先日12月16日(日)に、東進ハイスクール・衛星予備校では最終センター本番レベル模試を実施しました!

センター本番レベル模試が最後ということで今回の結果はシビアに自分に響いてくるものだったと思います。

そこで、センター試験本番直前時期の勉強ついてのお話しをしていきます!

受験生のみなさんで、この直前の時期にになると「何を勉強したらいいか分からない!!」という人はいませんか?

ここまでの勉強が順調に進みすぎて、もう勉強すべきことが分からないという前向きな場合もあれば

今のところ自分が志望大学の合格レベルに満たなすぎて今するべきことが多くて分からないという大変な場合もあると思います。だいたいは後者のパターンの方が多いですよね。

その分からなさのために勉強が手につきづらくなってこれでいいのか?とそわそわしている人もいるかと思います。

そんなときは落ち着いて「やるべき勉強」を分解していきましょう!!

(やるべき勉強)=(学力を保つ勉強)×(学力を伸ばす勉強)

受験を通して意識してほしいのは

“一度解いた問題を二度と間違えないようにすること”

「学力を保つ勉強」とは、今まであった知識を受験までに残し、解けていた問題をいつでも解けるようにすることで、

「学力を伸ばす」とは、今ある知識と新しい知識を合わせることで、解けなかった問題を新しく解けるようにすること

この2つの勉強を意識して、今の自分に必要な勉強を整理して、それぞれバランスのとれた勉強が直前の学習の最大効果を生みます。

それぞれをさらに要素分解してみると…

(学力を保つ勉強)=(学校や受講のノートの復習)+(単語熟語文法や公式等の基礎知識見直し)+(今までやったすぐには解けない問題の解き直し)

(学力を伸ばす勉強)=(典型的な応用問題の演習)+(志望校の過去問演習)+(過去問の戦略立て)+(知識を自分の言葉で体系的にまとめる)

という風になっていきます。

これは自分の持論ですが参考までに、今してる自分の勉強がそれぞれ何に相当する勉強なのか?考える材料にしてみてください!

センターまであと少し!自分の受験が終わるまで諦めずに自分のできる最大限を尽くしてください。全国の受験生を応援しています!!

東進ハイスクール藤沢校 担任助手3年 中野 誠也

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓