高速基礎マスターってなんだろう、、、 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 9日 高速基礎マスターってなんだろう、、、

みなさん!!2019年になりましたね!!

今年の抱負は大学の勉強を頑張ることと、趣味として続けているバスケットボールを上達させることです!!

どうも、立教大学法学部法学科に通っています、大学一年生の鶴田絃記と申します。今年もよろしくお願いします!

さて、突然ですが皆さんは、英単語や、古文単語、漢字、数学の公式、社会の年号など、いわゆる基礎の部分について、対策することができてますか?

高校2年生の皆さんは、来年の今の時期、センター試験が待っています。高校1年生の皆さんも、新テスト最初の世代ということで、従来の受験生よりも高い学力が要求されることが予想されています。

「基礎は早めに固めた方が良い」

皆さんも日ごろよく学校の先生などから言われていることだと思います。

でも基礎って実際どうやってやったらいいか分からないですよね・・・

そこで今回私鶴田が、「今からでも遅くはない!高速学習で基礎固め!!」という感じで、基礎固めの重要性について皆さんに伝えていきたいと思います!

①基礎っていうけど、基礎が一番難しい!

早速勉強するときの大前提です。基礎は決して簡単ではありません。英単語や英熟語、一個一個覚えるのは苦ではないと思いますが、それを一日100個、200個覚えなければならないとすれば、はじめのうちはかなりの労力と時間がかかるでしょうし、数学の公式を完璧にマスターしようとすれば、それだけで膨大な時間がかかることでしょう。

しかし、そんな基礎こそが、受験勉強の”カギ”なのです。基礎さえしっかり固まってしまえば、あとは怖いものなし、と言っても過言ではないと、個人的に思っています。

②基礎固めで大事なのは、スピードと、繰り返し。

皆さんが大学受験に向けて勉強するときに、英単語や、その他の基礎と呼ばれる部分は、当然初めて出会うモノが多いわけですから、難しい、無理だ!と思うのはむしろ当然です。

大切なのは、そこであきらめずに、どれだけ早く、効率よく、繰り返し覚えられるか、という点です。

③基礎固めには、高速基礎マスターを使うと良い!

東進ハイスクールには、〔高速マスター基礎力養成講座〕というインターネットを使った学習システムがあり、スマートフォンのアプリなどもあるので、通学の電車、バスの中、待ち合わせの時間などに、サクッと基礎固めができます。また、自分が苦手な単語や、単元などを、優先して出題してくれるので、効率よく学習することができます!

高校2年生の時、わたくし鶴田も実際に使っていたのですが、1カ月程度でセンター試験に必要な単語1,800個をマスターすることができ、その後も復習しやすく、助かった経験があります。まだ基礎が固まっていない、何もできてないという人、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

基礎が固まったかどうかの確認として、センター試験本番レベル模試などの模試を活用すれば、さらなる成績アップにつなぐことができるので、おススメです!!

以上、鶴田でした!

藤沢校担任助手1年 鶴田絃記

 

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓