東進巣立ちます!(中野) | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2019年 4月 17日 東進巣立ちます!(中野)

こんにちは、慶應義塾大学 物理情報工学科 4年の中野 誠也です!

とうとう3年の時が経ちました。

 

この春、私は東進ハイスクール藤沢校 担任助手を卒業します。

今日は最後のブログ更新ということで、担任助手を卒業するにあたって、

藤沢校のHPブログを読んでくれている様々な方へのメッセージとして自分の思いをつづらさせていただきます。

自分の目標に向かって頑張っている藤沢校の生徒のみんなへ

東進生の目標は覚えていますか??

そう、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財になる」です!

改めて、独立自尊とは?人財とは?なんでしょう??

私なりにですが、独立自尊とは「自分の人生に対して主体的に向き合い、自立して生きていける状態」だと考えています

また人財というのは簡単な言葉で表すならば「個性」という表現に近いと思います

そういった独立自尊の人財になるにはどうしたらいいのか・・・

それは、目的意識を持って正しい努力による自己成長を繰り返すことに尽きると思います

その努力をする方向はなんでも構いません

勉強でも、部活でも、行事でも、課外活動でもなんでもいいのです

ただ、自分がやると信じたものをきちんと向き合ってやり切ってほしいです

努力って大変だし、めんどくさいし、苦労することの方が多いと思います。

ジブリ映画の監督である宮崎駿さんもよく言っていたそうです

「めんどくさいめんどくさい、あーめんどくさい」と…

あの宮崎駿さんでもそんな感じなんだと知ればなんか安心しますよね。

しかしそれと同時にこんな言葉も残していました。

「大事なものは大抵めんどくさい」と。

だから、大きな目標を設定すればその分だけたくさんのめんどくさいことが降りかかってくるし

大きな夢を掲げれば、たくさんのめんどくさいものがついてきます。

そこで大切になってくるのが「目的意識を持つこと」です!

「自分は何のために努力しているのか?自分が何に向かっているのか?」

それをしっかり心と頭でわかっていることが大切になります

そのめんどくささを乗り越えるだけの大義がそこに存在しているのであれば問題ありません。

そういった努力の過程として、多くの人にとって中間目標として自分の人生を前に進めるような

自分の努力の成果を試すことができる非常に分かりやすい戦場として「大学受験」が存在しているのではないかと思います。

なので!目の前の受験に対しては

目的意識を持って正しい努力による自己成長を繰り返す訓練として精一杯立ち向かってください!

そして、受験は団体戦です。周りの友達を支えながら、時に支えられながら切磋琢磨していってください。

校舎にはとても頼りになるスタッフがいっぱいいます。いつでも頼ってください!きっとみんなの強い味方になってくれます!!

 

このブログを読んでくださっているすべての人へ

私は担任助手として3年間、藤沢校の生徒の大学受験をサポートする役割を担ってきましたが

自分の人生に真剣に向き合い努力することで個性に花開かせることができるような人がこの藤沢校からたくさん巣立ち、社会・世界で活躍してほしいと思ってやってきました。

生徒には大学受験を通して「努力することの素晴らしさ」を実感し、その後も進学した先で自分の道を切り開いていってくれれば幸いです。

 

この3年間担任助手として働き、非常に多くの気づきや学びがありました。きっと人生でもっとも成長した3年間だったと思います。

これまで関わってくれた藤沢校の生徒、藤沢校の社員さん、先輩方や後輩、同期の担任助手は今まで本当にありがとうございました!!

東進ハイスクール藤沢校 担任助手 中野誠也

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓