時間ない!って焦ってる受験生へ | 東進ハイスクール 藤沢校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 11月 27日 時間ない!って焦ってる受験生へ

小宮です。

最近はマフラーつけている生徒の子が多くて冬を感じます。

制服にマフラーって、めっちゃ青春!って感じでうらやましいです(-“-)

 

さて受験生の皆さんは今精神面や勉強面はどんな感じですか?

「もう間に合わない気がする」

「浪人かもしれない」

「病んでます」

「早慶諦めようかな」

とか思ってるそこの君!

このホームページ1回読んでみてほしいです(^.^)↓

去年の私のことも話しながら、少し前向きになれる話を書こうと思います。


まず去年の今頃私はなにをしていたかというと

メンタルボロボロになりまくって

一日中泣いてて

ご飯も食べれない

という大変悲惨な状態でした。

(以前このホームページでも言ったかもしれないです)

人生のなかで去年の今頃だけには絶対に戻りたくありません(笑)

 

なぜ私がそんな状態になったかというと、推薦の不合格通知を受けとったからでした。

短い期間ではあったけど一般の勉強を犠牲にして本気で推薦の勉強をしていた分、それはもう落ち込みに落ち込みました。

そして「こんなに勉強しても慶應の合格は勝ち取れないんだ」と自分の受験の終わりがとても果てしなく思い始めて

私の中の「絶対に行く」という軸が崩れていきました。

 

どうしても早慶に行きたかったはずなのに、推薦が不合格になって、早稲田や慶應の過去問を再開した時に

英語も満足いくような点数が取れない

日本史もまだまだ覚え切れてない

国語は波がある

ということを痛感し

MARCHの過去問をやっても

「え?むずくね?MARCHも受からなくね?」

と気付きました。(遅い)

 

何よりも私を焦らせたのは、そう、

時間

です。

 

やりたいことに対して受験本番までの時間がなさすぎた。

何せ共通テストまで残り二ヶ月ない。

絶対間に合わないじゃん(涙)浪人じゃん(涙)ともっと焦る焦る。

 

そんな中ある日の授業で他の子が呟きました。

「もっと夏休みとかにやってればよかった」

うわ分かる!マジでやっておけばよかった!と心の中で共感しまくっていたら、それを聞いた先生が

 

「早稲田の本番1週間前になったら、2ヶ月前に戻れれば…って思うし、3日前になったら、神様お願い!あと1週間だけでもくださいって思うんだ。俺は50代だけど今20代だったらってよく思う。時間ってそういうもんなんだよ。こういうのってずっと思い続けるんだよ。だから今やれ、!」

 

実際受験生の子でも「あの時もっとやってれば」と思っている子も多いのでは?

確かに時間はない。

だってもう12月になります。

受験が延期になることはない限り、もう本番はすぐです。

 

過去問第1志望まだ3年しか解いてない。

パス単まだ完璧じゃない。

日本史の年表なんて頭に入ってない。

 

全部やばいよね。

多分みんなそれぞれやばいって思ってることあるよね。

 

問題は「2ヶ月で間に合うのか?」って思うこと!

間に合うかじゃなくて、間に合わせる。

 

たった2ヶ月、されど2ヶ月。

 

2ヶ月の勉強の仕方で結果はいくらでも変わる!

5184000秒もあるんだから!

追い上げることも可能だし、怠けたり諦めたら落ちていく一方!

目の前の英単語ひとつ覚えるだけで合格の可能性は少しづつ上がってる!

実際に私は追い上げて慶法の合格勝ち取った!

だから過去を反省しないで今やるべきことをやって!

スマホやパソコンを閉じてやるべきことをしよ!

 

「受験生!走り抜けよう!」

 

↑合格発表画面🌸

他の担任助手の投稿はこちら

担任助手一年 小宮奈々