志望校対策HRが行われました~明治大学(理工・農学部)~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 7日 志望校対策HRが行われました~明治大学(理工・農学部)~

こんにちは!明治大学理工学部情報科学科1年の高木です。

最近明治大学では学園祭が行われてましたが皆さんは自分の志望校の学園祭には行きましたか?

明治に来てくださった方はありがとうございました!

ということなんですが今回は先日行った志望校対策HRについて紹介したいと思います!

話した内容は主に2点です。

 

入試体系・合格最低点

理工学部

一般入試:6割強~7割(2/3くらい)

全学部統一入試:約7,5割

センター試験利用入試:8割~8,5割

農学部

一般入試:約7割

全学部統一入試:7,5割~8割

センター試験利用入試:8割~8,5割

 

科目別アドバイス

理工学部

英語:長文の大問1つで構成されている年が多い。英訳、和訳なども出るが基礎的な力があれば解ける問題になってます。

数学:大問3つで構成されることが多い。数Ⅲの範囲が多くなっているがこれも基礎力があれば大丈夫です。ですが、大問3は記述の問題なため日頃から途中式を書いて問題演習に取り組む必要があります。

理科:選択問題となっていて化学3問、物理3問のうちから3問選んで解くことが出来るため両方勉強していると有利になるかもしれない。これも基本的な問題が解ければ6~7割はしっかりとれる問題になっています。

農学部

英語:95%がマークシートであるため基礎力があると解ける問題になっています。

(センターと同じくらいorそれより少し難しい)

数学:90%がマークシート。残りの10%は選択肢はないが記述の練習は必要ないです。数学が苦手な人はここで差がついてしまいます。

理科:生物の問題では遺伝の範囲が毎年出ているので対策をすべきである。計算が多く時間が間に合わないということもあるので計算問題の対策もしっかりしておく必要があると思います。

 

というような2点をHRで話しました。

東進では様々な大学の大学生活を、実際に通っている大学生が紹介HRを行ったり、11月9日(金)19:30~は、数学の人気講師河合正人先生が藤沢校で『特別公開授業』を行ってくださいます。全国統一高校生テストの解説授業がメインの内容になるので、全国統一高校生テストを受験された人はもちろん、受験で数学を使う人、数学が好きな人、どなたでも受講していただけます。下のバナーからお申し込みいただけますので、是非お申し込みください。

また、冬期招待講習のお申し込みも受け付けております。この冬、受験勉強を一緒に始めましょう!是非一度校舎にいらして下さい。

東進ハイスクール藤沢校担任助手 高木尚浩

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓