好きな言葉3つ集めてみました | 東進ハイスクール 藤沢校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 10月 25日 好きな言葉3つ集めてみました

こんにちは。楽しかった学園祭が終わり次の楽しみを模索中な木村です。

テスト後、修学旅行後等、東進生の皆さんに「切り替え!」と言っていますが、本当に素早い切り替えが大事だなと心から思いました。

 

最近言葉にハマってまして、今回は英語の名言と日本語の名言を紹介します。

それにプラスして私からのコメントを載せますね。

(ハマった理由は今月から始まったドラマです。第1話のある台詞がとても良かったし、周りの人も共感していました。)

 

「最大の栄光とは失敗しないことではない。失敗するたびに立ち上がることにある」(エマーソン)

(Our greatest glory is not in never failing, but in rising up every time we fail.)

「失敗しないように頑張る」という考えもあるかと思いますが、失敗しても挑戦して反省を次に行うときに生かせるような人間に私はなりたいです。

自分に関することであれば次に行うタイミングがすぐに来るだろうし、1年に1回しかないようなことであっても後輩等に反省点を伝えて翌年に生かしてくれればな!と思います。

 

「経験とは、あなたに起こったことではない。起こったことに対してあなたのしたことである」(オルダス・ハクスリー)

Experience is not what happens to you. It is what you do with what happens to you.

これは本当にそうだなと思いました。

自分に起こった出来事はたいていの場合他の人も起こっているはずです。その出来事に対してどのように行動したか?が重要なようですね。経験することが大事なのではなく、どうしてその行動をしたのか、そこから何を学んだのか等が大事という話を以前聞いたことがあります。

今回紹介した言葉に繋がる部分があるのではないでしょうか?

 

 

「置かれた場所で咲きなさい」(渡辺和子)

「置かれた場所で咲きなさい」という著書があるようで200万部を超えるベストセラーになったようです。

この言葉は今の時期より2~3月の方が響く人が多いのかなと思います。

どんな受験方法でも合格不合格はありますし、自分が行くことになった大学が学べること・雰囲気等々結果的に自分に合っているのかもしれませんよね。(私は約1年前にそうだなと感じました。)

突然出てきた日本語ですが、結構お気に入りですし、みなさんも1度は聞いたことあるのではないでしょうか?

 

名言はりんかさんも紹介しているのでチェックしてくださいね!

ちなみに、私が冒頭で言った心に響いた言葉はこちら。

「学校っていうのは凄い場所だった。嫌でも週5で行く場所で、嫌でも週5で好きな人に会える場所だった」

好きな人は友情的でも恋愛的でもどっちでも良いと思います。ただ、大学生になってからこの言葉を聞くとより共感できるかな?と思います。

(仲が良い子と毎日会うことないもの・・・。そもそもオンライン授業で週5日間も大学行かないので。)

そこまで響かないという方もいるかもしれません。好き嫌いあるとは思いますが、中高生でしたら数年後にまたこの言葉を思い出していただき、なにか感じることがあれば嬉しいです。

担任助手2年 木村