受験生時代の夏休みのスケジュール vol.4 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 20日 受験生時代の夏休みのスケジュール vol.4

こんにちは、広江克彦です。最近は30度を超える日が続いて大変ですね。冷房がある生活からなかなか抜け出せず、外に出るだけでばててしまいます。みなさんも熱中症には気をつけていきましょう。

さて今回は、私の受験生時代の夏休みのスケジュールについてお話していきます。自分が夏休みを勉強するにあたって一番大切だと思うのは、計画立てです!!これは国公立志望、私立志望に関係なく該当すると思います。一日14時間ほど勉強するという中で、何を、どの時間でどのくらいやるかということを決めていないと自分の目指す点数を取るのは難しいです。自分の目標としている点数から逆算し、どの時期にはどのくらいの点数をとっていなければいけないということを把握し、そこからそのためには何をいつまでにしなければいけないということを割り出すことが必要です。

ここからは自分が、受験生時代立てていた計画を紹介していきます。(あくまでこんな感じでやっていたというものです)

こんな感じで、まず夏中にやらなければならないことを書きだし、何周やるかも決めました。その後、一日の中でどの時間になにをやるかということを毎日決めていました。休憩時間も決める事でだらだら休憩することもなく無駄な時間なく過ごすことができました。きちきちに予定を立てたらずれた時に取り返しがつかないのでは?と感じる人もいると思いますが、そのようなことを起こさないために、自由な時間を作ることがコツです。やり残したことがあっても時間通り切り上げ、自由時間でやりの残したことをできたり、順調にその日勉強出来た時はその時間に単語をやったり、暗記科目をやったりなど自分のやりたいことに使えます。このように少しの余裕を持たせることがポイントです。予定が崩れると気分が下がったりするので自分で計画通り勉強できるような工夫をしていきましょう。

計画立ては夏休みが終わってからも重要なので、是非継続してやってみてください!

藤沢校担任助手 廣江克彦

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓