受験会場での体験談!(センター) | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 1月 10日 受験会場での体験談!(センター)

こんにちは!早稲田大学文学部一年三田村響です!

センター試験まで残り・・・8日!! と迫ってきましたね。二次私大を含めて、長い人でも2か月後には受験が終わっています。

みなさんセンター試験の準備は万端でしょうか、今回は僕のセンター試験当日の体験(失敗?)談をお話しします。センター当日の雰囲気を少しでも掴めるといいと思います。

まず、センター試験を受ける前に、かならず受験会場をしっかり確認しておきましょう。当日受験会場を間違えてしまったら試験が受けられなくなってしまうかもしれないし、運よく間に合ったとしても動揺してしまうと思います。同じ大学でもキャンパスがたくさんあったりするので、もう確認済みです!という人ももう一度確認してみてください。

また、センターはシャーペンはだめです!鉛筆を持っていないという人は、早急に買いにいってください!マークシート用の鉛筆などもあるので見てみてください。当日持っていく本数ですが、科目間の時間に削る手間が省けるので10本ほどあると便利です!(鉛筆削りも忘れずに!)

~ここからは僕の体験談です~

センター試験当日、私立文系受験だった僕は世界史・国語と順調に普段通り受け進んでいました。国語の時間が終わって残るは英語のみ。僕は英語が一番得意だったので、内心「この調子でいけば目標点を越えられるな」と意気込んでいました。英語の時間がはじまり、いつものように大問4から解き始めたのですが、少し緊張もあったのかいつもよりその大問に時間がかかってしまい、焦って残り時間を確認した時に事件は起きました。センター試験では受験票を机の上に置いておかなければならないのですが、その裏には当日の時間割が記載されているので、まずそこを確認しました。焦っていたせいで英語の時間ではなく国語の時間を見てしまい、残り時間を本来よりも15分短いものと勘違いしてしまったのです。普段解くときはだいたい10分余るくらいのスピードだったのですが、普段よりも大問4にてこずっていた僕は残り45分で残る5個の大問を解かなければいけない!!!と大急ぎで残る大問を解きました。

なんとか残り5分見直しの時間を残して全問解き終わり、試験終了の合図を待っていたのですが、時間を過ぎても合図がかかりません・・・。まさかと思ってもう一度受験票の時間割を確認すると試験時間残り15分・・・・・・。絶句しました。

残り時間必死に見直しをしましたが、やはりいつもの1.5倍のスピードで解いたせいもありケアレスミスの嵐で、結果普段よりも20点ほど低い点数になってしまい、筆記のあとのリスニングでも集中できませんでした(泣)

試験の夜は思わぬ失敗をしたことにだいぶ落ち込みましたが、本命は私大だったので次の日から切り替えて、私大受験では同じミスをしないように試験時間を事前に確認して臨むようにし、私大は順調に受験することが出来ました!

試験本番は本当になにが起こるかわからないな、ということを強く実感したので、この記事を読んでくれた皆さんは必ず事前に試験時間割を確認してから試験に臨むようにしてください!!

 

最後になりますが、試験は受けるだけがすべてではありません!事前の準備も同じくらい大切です。

当日万全の体制で臨めるよう、準備を徹底して本番を迎えてください!

 

担任助手一年 三田村響

 

↓↓ ↓↓東進公式ホームページ・資料請求・体験授業・入学申込はこちらをクリック↓↓ ↓↓