受講の復習法!~英語~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 7日 受講の復習法!~英語~

こんにちは!担任助手一年の三田村響です!

最近雨ばかりで嫌になりますが、七夕を越えたらついに暑い夏がやってきます。

ということはついに受験の天王山である夏休みが迫ってきたということです。

夏休みは長いようであっという間なので、今のうちに自分が夏に何をやるべきかを考えておきましょう!

さて、題名にもある通り英語の復習法ということで今回は僕が実際に行っていた方法を紹介したいと思います!

まず復習をする際に最も意識してほしいことは、授業を受けたらその日のうちに復習することです。

なぜなら授業をうけ終わってすぐに復習を行うことで、授業で習った内容が記憶に新しいので内容の理解もしやすいし、校舎で終わらせてしまえばすっきりとした気持ちで家に帰ることができるからです!

仮に次の日に復習を回してしまうと、授業で習ったことがどんどん抜けてしまうし

その分時間がかかってしまうので、その日校舎で受講をするはずだったのに時間が押して結局受講ができなかった。などということになって効率が悪くなってしまいます。

復習は鮮度が命です!(笑)その日のうちにやりましょう!

はい、本題に入りますが僕は英語の復習をするときは必ず音読をするようにしていました。

授業でも耳にタコができるほど音読音読いわれるとおもいますが、ただぼーっと音読していても意味がありません。

僕が音読をする際に意識していたことは

「一つの長文につき30回音読する」ことです。

➀最初の10回はまず英文の意味を考えながら(単語の意味を意識するなど)

➁次の10回は少しずつスピードをあげて意味の切れ目(構文など)を考えながら

③最後の10回は完全に英文を英語だけで理解(戻らず左から右に)しながら

やっていました!

音読をするということは声にだしているので、前に戻ることができません。すると英文を左から右へ、英文のかたまりとして読めるようになります!

その練習を積むことで英文をスラスラと読めるようになるので、自然と速読力がつきます!

また、声に出すと眠くなりにくいので眠くなったときに音読をしたりもしていました。

藤沢校には音読ルームがあるのでぜひ使ってみてください!

今回は僕が行っていた方法の紹介でしたが、人それぞれ自分に合った勉強法というのは違うと思います。

藤沢校には担任助手がたくさんいるので、ぜひいろんなひとに聞いてみてください!

 

担任助手1年 三田村響

 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓