☆受験生時代の夏休みのスケジュール☆~vol.3~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 16日 ☆受験生時代の夏休みのスケジュール☆~vol.3~

こんにちは、明治大学理工学部数学科2年宮城真純です!

受験生にとっては『受験の天王山』と言われているこの夏休み。受験生の皆さんは効率良く受験勉強ができているでしょうか?
自分の勉強法が正しいのかわからないという人や、他の人に比べて自分の勉強量が足りてないのではないかと不安を感じている人は多いのではないでしょうか?
そのように感じているのために私が受験生だった当時の夏休みの1日のスケジュールを紹介します!
 
 
~夏休みの1日~
5:30  起床
7:00  東進登校 ←東進ハイスクール藤沢校は夏休み毎朝7時に開館します!
7:00〜8:30  数Ⅲ(問題集で演習) ←数Ⅲは必ず毎日やりました!
8:40〜9:30  英語長文音読 (参考書や東進の長文の講座のテキストを使って音読)
9:40〜11:00  センター過去問or大問別演習 (英語or国語)
11:00〜12:00  直し (解説授業や解き直し)
12:10〜13:10  センター過去問or大問別演習 (数ⅠA)
13:10〜14:30  直し (解説授業や解き直し)
14:30〜15:00  昼食
15:00〜16:00  センター過去問or大問別演習 (数ⅡB)
16:00〜17:30  直し (解説授業や解き直し)
17:40〜18:40  センター過去問or参考書 (倫理政治経済or理科基礎)
18:50〜19:50  センター過去問or大問別演習 (化学)
19:50〜20:50  直し (解説授業や解き直し)
20:50〜21:45  できなかったものやる時間
21:45  東進下校
23:30  就寝
 
私は科目数多くて、なるべく全科目毎日触れた方が良いというアドバイスを担任助手からされていたので、みっちり計画を立てていました!それでも最後の1時間は余裕を持たせて、その日やる分はしっかりその日中に終わらせられるようにしていました!
また、東進でセンター過去問演習講座を取っていたので、センター過去問10年分を赤本を買わずに解けるだけでなく、全教科に解説授業も付いていたため、すぐにわからなかったところを復習することができました。それだけでなく、大問別演習といって、東進の過去のセンター本番レベル模試の過去問を各教科各大問ごとに解けるコンテンツを利用して、よく余った時間に苦手だった英語の大問5と大問6の長文だけ解くなどをしていました。このように、東進のコンテンツをフル活用して、有意義な勉強漬けの夏休みをおくりました。
 
その後は、夏休みの朝登校のおかげで朝起きる癖がついていたので、夏休み後もそれを続けて、朝7時に学校に登校して学校の自習室で勉強してました!夏休みというまとまった時間を有意義に過ごしたことで、朝起きる習慣ができただけでなく、夏休みにあれだけ勉強したという自信がつき、その後も頑張り続けることができたし、入試本番にも自信を待って臨むことができました。
 
私の実際やっていた勉強のスケジュールはこのようなものですが、これはあくまで私に合った勉強法です。参考にしていただけたら嬉しいですが、しっかり自分に合った勉強法を見つけてほしいと思います。東進ハイスクール藤沢校には様々な大学の担任助手がいます。この機会に自分の志望校に通っている助手に教科ごとの勉強法などを聞いてみましょう!この夏休みに身に付けた勉強リズムは今後の勉強に大きく関わるので、夏休み後半も気を抜かずに一緒に勉強を頑張っていきましょう!
 
今回は受験生を対象にした話になってしまいましたが、これから受験生になる高1,2生の皆さんも来年、再来年の参考にしてもらいたいと思います。受験生になったらこれだけ勉強することになります。今からできることを東進で一緒にやっていきませんか?興味を持っていただけた方は是非一度東進ハイスクール藤沢校にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。
 
藤沢校担任助手2年 宮城真純
 
 

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓