高1高2生の部活が忙しい人はどうやって勉強する? | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 15日 高1高2生の部活が忙しい人はどうやって勉強する?

 

 

こんにちは!青山学院大学経営学部経営学科1年の野崎健斗です!

もう11月半ばですね。受験生は受験本番がかなり近づいてきましたね。11月は、これまでにできなかったことや苦手な分野などの埋め合わせをできる最後のチャンスになると思うので、毎日の積み重ねを大切にしていきましょう!

 

さて、今回は部活だったり習い事で忙しい低学年の人向けに「勉強と部活の両立」について話していこうと思います。高校時代、僕はサッカー部で引退をするまではガッツリ部活をしながらも東進に通っていました。部活も東進も全力で頑張りたいそこのあなた!是非参考にしてみてください!

 

 

 

 

それでは、部活と勉強を両立するにはどうすれば良いか、両立する上で是非ともやって欲しいと思うことがいくつかあるので、大きく3つのポイントに分けてを紹介していこうと思います。

 

1.隙間時間の勉強

まずは隙間時間の勉強を大事にするということです。これは忙しい人に限らず重要なポイントですが、忙しい人は特に意識するべきです。東進に来れる時間が周りより少ない分、移動時間やちょっとした時間に勉強することが本当に重要です。移動時間ではSNSやスマホゲームをついついやってしまう気持ちも良くわかります(笑)。が、ここの頑張りは周りと大きな差を作るチャンスです!高マスや単語帳といった暗記系のものはこういったときにやってしまいましょう!

 

2.何があっても東進に登校する

私は当時これをかなり意識していたのですが、とても大事だと思います。まずは、部活がどんなにきつくても、とりあえず登校しにきてみて下さい。時間がなければ高マスや自習をやりに来るだけでも良いです。最初はやる気がおきないかもしれませんが、続けていくうちに段々と習慣化され、苦ではなくなっていくはずです。もちろん、どうしても来れないという時はあると思いますが、余程のことでない限りは毎日登校を意識しましょう!部活を言い訳にしないというのが重要です!!

 

3.勉強するスケジュール管理をする

これ、以外と重要です。高3になっても、学習計画を立てずがむしゃらに勉強するだけでは当然うまくいきません。なので、低学年の人も今から始めてみると良いと思います。ましてや部活で忙しい人たちは周りより時間がない中勉強しなければいけないと思うので、事前に学習計画を立て先を見据えた勉強をしていきましょう!スケジュールを立てるオススメの方法としては

➀まず、期限を決めて達成すべき目標を決める。

➁そして次に、いつに何をどのくらい勉強するか大まかに書き出していく

➂最後にそれをやる当日は何時に何をやるかといった具体的な予定を決める といった感じです。

これを受講を例にすると、①「今月までに○○コマを受講し、確認テストまで終わらせる」という目標を決め、

➁「部活で忙しい○日は1コマ受講をし、何も予定がない×日は4コマ受講する」という感じで大まかな予定をある程度書き出して、

➂「今日は2,3,4限に受講をしてその後に高マスをして、最後に講座の復習をする」というように具体的な予定を前もって決めておく。みたいな感じです。是非参考にしてみて下さい!

 

 

以上が、部活と勉強を両立する上で是非ともやって欲しいと思うポイントでした。部活をやりながらも東進を頑張っている人は時間がない中本当によく頑張っていると思います。ただ、部活が忙しいの言い訳にしても受験本番ではそんなこと関係ありません。日々の積み重ねを大切にしていきましょう!応援しています!

担任助手1年 野崎健斗