部活がある受験生の生活について | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 2日 部活がある受験生の生活について

こんにちは!早稲田大学商学部2年の大道です。10月に入ってほとんどの人が部活動を引退して受験勉強に専念している時期だと思いますが、

今回は自分の実体験も踏まえながらまだ部活動をやっている人に向けたことを書いていこうと思います!

 

自分は引退が高3の10月末だったので、それを考慮して少し工夫しながら勉強していました。

どこまで参考になるか分からないですが、その工夫について少し書いていきます。

その工夫とは①朝の時間を使う②スキマ時間を活用する③眠い時は10分仮眠をとる、の3つです。

 

まず①朝の時間を使う についてですが、具体的に言うと自分は朝練が無かったので一番早い時期で朝6時40分に高校に到着して自習室で勉強を開始していました。

朝のHRまでにしっかりと時間を確保して勉強したいとなるとそのくらいの時間に行くのがベストだと考えたからです。

しっかりと時間が取れれば何時でもいいと思いますが、朝のHRまでにある程度まとまった時間を確保するように心がけて朝の時間を使うと良いと思います!

 

次に②スキマ時間を活用する についてです。これは特に多くの人がやっていると思いますが、大切なので改めてここで触れておこうと思います。

移動時間などに手軽にできる勉強をするのはとても大切です。ただ、ここで私が気を付けるべきだと感じるのは英単語にこだわらないということです。

スキマ時間=英単語のように特に何の疑問も持たずにやっている人をよく見かけますが、その時の自分に必要な勉強に合わせてスキマ時間の勉強を変えるのが個人的にはオススメです!

 

最後に③眠い時は10分仮眠をとる についてです。部活動の後の勉強は疲れていて眠くなってしまうものです。

そんなときに眠気と格闘しながら勉強をするのはとても非効率的です。

なので、眠くなったらすぐに仮眠をとりましょう。仮眠をとるときは長くなりすぎないようにアラームをかけるのが必須です!

長くなりすぎると脳が寝るモードに入ってしまうらしいので、10分程度で絶対に起きましょう!

イヤホンだけでアラームを鳴らすことが出来るアプリもあるのでぜひ活用してみてください!

 

部活生は部活をすでに引退した人たちに比べると持ち時間が少ないのは紛れもない事実です。

そのような状況下でも合格を勝ち取ることが出来れば大きな自信に繋がります!

「部活やってない人には絶対負けない!」という強い気持ちをもって頑張って行きましょう!

普通の事ばかり書いてしまった気もしますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

藤沢校担任助手2年 大道海翔