立川流、模試の活用法 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2013年 4月 30日 立川流、模試の活用法

こんにちは!GWが目の前で気分うきうきな立川です。

僕の通っている早稲田は29日から6日まで休みなのでもう休みなんですけどね(笑)しっかり課題、勉強もやっていこうと思います(^^)

 

さて、今日は立川流模試の活用法ということで模試の話をします。

僕が思う模試で大切な事は、

「点数を気にしないこと」

模試で点数が下がって、モチベーションが下がった人も多いかと思いますし、僕もなんであんなに勉強したのに、、、と悔しくなった時期もありました。

でも今振り返ってみて一番思うのは

勉強せずに悩んでいる時間がもったいない

ということ。学力の差は時間の差であることは、本当に高校時代実感しました。

 

少し話がそれたので、題名のことに戻ります。

模試の活用法はずばり、

今後、勉強する分野を確立すること。

自分が苦手だったところ、時間をかけてしまったところを中心に勉強すれば、次回のテストで結果を出す事ができます。

なぜかというと、苦手分野を克服することは、得意分野を伸ばすよりも伸び率が高いからです

苦手分野は後回しにしがちですよね?でもいずれはその分野をやるのだから、はやめに苦手分野をやった方がいいです!点数伸びたら嬉しいですし!

最初に書いたように伸びなくても気にしないで下さいね!

 

模試をどんどん活用しましょう!