私はなぜ逆転合格できたか | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 10日 私はなぜ逆転合格できたか

こんにちは!担任助手1年の山本です!

今これを読んでいる人で、志望校に学力が全然届いていないけど逆転合格を決めたい!と考えている人もいるもいるのではないでしょうか?ちなみに私はぎりぎりでやっと学力が上がって逆転合格できたうちの一人です。今回は逆転合格したい人にとって少しでも助けになるように僕の体験談や勉強法などを書いていきたいと思います。

まず、いわゆる「逆転合格できた人」に共通する特徴ってなんだと思いますか?

それはみんな効率よく勉強することができるということです。やはり時間がない中での勉強だといかに効率よく勉強できたかで合否が分かれてくると思います。

と言われてもどうやって勉強していったらいいかわからないですよね?なので私が行っていたおすすめの勉強法を紹介したいと思います。

まず1つ目は一教科につき、一つの参考書をひたすらやり続けるということです。なぜこの方法をおすすめするかというと一番時短で一教科を完成させることができるからです。新しい問題を解かなくていいの?と思うかもしれないですけどいいんです。まずは問題の解き方エッセンスなどを学びます。むしろこのために一番効率のいい方法が何度も同じ問題を解くというものです。むしろ新しい問題ばかり解いていては時間がかかってしまいます。一つの参考書には基本的に重要なエッセンスがすべて詰まっています。まずはそれをすべて自分のものになるまで繰り返しましょう。それで完全に自分のものになったなと思ったらやっと新しい問題を解き始めましょう。私が新しい問題を解き始めたのは冬からでした。

2つ目はスケジュールを細かく少しきつめに設定して、それを実行するというものです。先ほど問題集を完成させるといいましたが闇雲にやるのではなくいつまでに完成させたくてそのためには一日にどれくらいやらなければいいかを考えます。そしてここで、きつめに設定するというのが重要です。なぜかというとぎりぎりの予定にしてしまったら完成させられない可能性があるからです。先ほどの勉強法では「完成させる」というのが最も重要で完成させられなければほとんど意味がないからです。そのためにも少し余裕をもって終わりそうなスケジューリングを心がけましょう。

私は主にこのような勉強法で合格を勝ち取りました。ほかにも単元ジャンル別演習や志望校対策演習など東進には有効に使えるツールがいっぱいあるので自分に合った勉強法を確立してそれを信じて最後まで努力し続けることが一番大事です。受験は何があるのかわかりません、あきらめずに頑張りましょう!