私の就職活動について | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 13日 私の就職活動について

こんにちは。横浜国立大学教育学部4年の松永です。

コロナの影響で今年の受験生は大変そうですが、こういった状況下すぐ切り替えて環境に適応して勉強できる人が今年の受験を制すると思ってます。今年の受験生はそのくらいの意識で勉強して欲しいと思います。

ということで、今回は高校生に需要があるか謎なところですが、絶賛就活中の僕の就職活動についてお話します。

僕は最初に書いたように教育学部に所属しているので、大学に入った時は学校の教師になろうと考えていましたが、教師になることよりも一般企業への就職に興味を持ったため就職活動をするに至りました。

そんな中受けている企業は、「IT系企業」「教育系企業」になります。結局は教育を含んでいますね。これまで学んできた教育と最新のIT技術を組み合わせて「IT×教育」という分野で何かできたらいいなと考えています。

東進での担任助手経験もそうですが、僕は去年2回の教育実習に行って教育現場が抱える課題や教育におけるIT活用の有用性を実感してきました。そういった自分の経験を踏まえ、「IT×教育」という分野に興味をもったという感じです。

とは言っても、自分にとって何が大切かとか、人生で何したいとか未だにはっきりと決まっていません。。。働く中で少しづつ見つかればいいかなと考えています。

大学生でもほとんどの人がこんな感じなので、高校生で何やりたいか決まらないって人も、そこまで考えこまずに大学に入ってから何か見つけるでも全然良いと思ってます!

 

ちなみに、今年の就職活動はコロナ影響もあり、僕は全てウェブ上で完結しました!対面面接を一回もやらなくても就活できたので交通費とかだいぶ節約できました(笑)

就職活動は一生懸命対策する人もいるのですが、僕はそこまで対策は必要ないと思っています。就職活動のために何かやるというよりも、今までやってきたことの中で考えたことや感じたことを相手に素直に伝えて認めてもらったところに入る。これだけかなと思っています。就職活動のために留学行ったり、ボランティアやったり、何か特別なことするのは本末転倒な気がします。

就職活動で必要な論理的思考力は、正直大学受験勉強の中でしっかり身に付けている人なら全く問題ないし、大学の授業の中で十分養うことができると思っています!高校生にとっては就活なんでだいぶ先の話になりますが、自分が人生で何をしたいか、この先考えて生活できるといいですね!まずは目の前の受験を頑張りましょう!

藤沢校担任助手4年 松永悠