私が受験時代に行っていた息抜きについて | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 20日 私が受験時代に行っていた息抜きについて

みなさんこんにちは!早稲田大学文化構想学部4年生の吉村優希です!

つい最近まで半袖を着ていたのにいきなり寒くなってきましたね。皆さんどうか風邪をひかないように気を付けてください。

受験生の皆さん。最近受験勉強を始めた皆さん。受験生活において一番大切なものは何だと思いますか?

それは、、、息抜きです!

息抜きをすることによって勉強の効率が良くなったりストレスのない生活をおくれたりともはや「息抜きを制する者は受験を制す!」と言っても過言ではありません!

そんな東進界の息抜き大臣ことこの吉村優希が現役時代に行っていた息抜きをシーン別にご紹介いたします!

 

Case.1 部活が忙しい高校2年生の吉村優希君の場合

当時サッカー部で忙しい毎日を送っていた吉村優希君。そんな彼は憧れの早稲田大学に合格すべく受験勉強を始めたのであった。東進ハイスクールに通い始めた最初はワクワクとドキドキに満ち溢れ疲れ知らずで毎日部活と勉強に勤しんでいました。しかし、入学してから3カ月ほどからだんだんと勉強のやる気が低下していってしまいました。そんな彼が編み出した究極の息抜き方法とは、、

コンビニスイーツを食べることです!

コンビニスイーツを食べるのをお勧めする理由① とにかく種類が豊富で飽きがこない!

僕が藤沢校に通っていた当時はセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンといった大手コンビニがたくさんありました。勉強に飽きてきたら気分転換がてらにコンビニまで散歩をしておいしそうなスイーツを買って校舎で食べる毎日を送っていましたが、季節ごとの限定品が定期的に入れ替わるので飽きることなく楽しめました。

コンビニスイーツを食べるのをお勧めする理由② 甘い物を食べると脳がすっきりする!

集中力が低下しているときに甘いものを食べると脳の動きが活性化されたり、記憶力が上がったりと休憩明けの勉強の効率が一気に上がるので休憩も取れて効率も上がって一石二鳥なんです!前回に朽木担任助手が8月6日にブドウ糖についてのブログを書いているので是非見てみて下さい!

URLはこちらから!☟

https://www.toshin-fujisawa.com/blog/page/5/?m=202008

 

 

Case.2 部活が忙しい受験生の吉村優希君の場合

サッカー部のキャプテンとなり、部活も受験勉強も充実していた吉村優希君。部活の引退が迫る中練習終了後も自主練習をしたりと2年生の時よりも部活に一層時間を割くようになりました。2年生の時よりも限られた時間の中で勉強をしなくてはならなくなった彼はコンビニスイーツを越える息抜きを探していました。そんな彼が見つけた息抜き方法とは、、、

15分の睡眠休憩をとることです!

15分の睡眠休憩をお勧めする理由① 二度寝する心配がない!

ポイントは15分という時間です。これ以上寝てしまうと頭がぼーっとしてしまったり、もう少し寝ないとすっきりしない!と感じてしまいます。会社でも15分の睡眠休憩を設けている場合もあるので非常に効果的だと思います!また、もう一つのポイントは突っ伏して寝ることです。熟睡しすぎることを防げるので大変おススメです!

15分の睡眠休憩をお勧めする理由② 部活の疲れが消える!

部活生が受験勉強をしようと思うと必然的に睡魔に襲われると思います。そこでウトウトしながら集中できずに勉強していてもあまり効率よく勉強が出来ません。眠いなら潔く15分くらい寝てしまって、部活の疲れを取ってから勉強に取り掛かるのも一つの手だと思います!

 

今回は息抜きをテーマにブログを書きました。息抜きで一番大切なのは勉強の効率を上げるための息抜きであることを忘れないことです!

 

担任助手4年 吉村優希