矢部流 模試の活用法 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2013年 4月 21日 矢部流 模試の活用法

こんにちは!

新年度が始まり早半月、4月も折り返しを向かえました。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

本日は“模試の活用法”ということで私、矢部が現役時代に行っていた模試の活用法をお送りしたいと思います。

 

皆様は模試をどのような気持ちで受けていますか?

一日が潰れる、疲れる・・・など模試に対して消極的になっている人も多いのではないでしょうか?

しかし、それでも模試には受けるべきメリットがあります。

まず、多くの人と同じ場所で試験を受けることで普段の勉強では味わえない緊張感を感じることができます。

この緊張感を経験し、慣れていくことで、入試本番でかなりのアドバンテージを得ることができます。一回も行ったこともない山道を歩くのと、よく慣れた家路を帰るのではどちらに心の余裕があるのかは明らかですね。

また、本番に受ける問題を今の段階で解いてみることで自分の弱点を発見することもできます。一つずつ自分の弱点を着実に潰していく、模試を受け、さらにその復習をすることで自分の成績は確実に向上していきます。

私は模試を受ける上で二つの点に気をつけていました。

1.自分の今持っている力を出し切るよう努める

自分の今の力を出し切れないのであれば、自分の弱点を見つけることもできません。自分の全力の結果と向き合って初めて向上という結果が生まれるのです。練習を疎かにして試合でいい結果は出せません。

2.模試の結果を必ず向上心につなげる

模試の結果というのは必ずしもいいものであるとは限りません。しかし、点数のみにこだわって模試毎に一喜一憂していたら心がもちません。模試は今の自分の到達点を目に見える形にし、今の自分の弱点を焙りだすものであり、それ自体で合否を分けるものではありません。模試の結果から自分の向上心を引き出した人こそ合格を掴み取るのです。

皆さん、センターレベル本番模試はいかがでしたか?

模試は復習をして初めて100%活かすことが出来ます。疲れてるからいいや、そんな弱い気持ちはありませんか?勿論模試が全てではありませんが、後一歩手を伸ばし、合格を手にして下さい。ともに頑張りましょう!

矢部

一般生の方へ

藤沢校への資料請求はこちらです!