東進で頑張ろうと思ったきっかけ! | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 3月 5日 東進で頑張ろうと思ったきっかけ!

こんにちは! 横浜国立大学 理工学部 3年 露木友博です!

今日は僕が東進に入ったきっかけについてお話したいと思います。

僕は高3の5月に入塾しました。高3の5月って遅くない⁇と思うかもしれません。実は集団授業の塾から転校してきたんです。

僕が東進に決めた理由は主に3つありました。

① 部活との両立

 僕にとって部活との両立が一番の悩みでした。集団授業では授業の時間が決まっていて、部活の都合で受けたいけれども受けられないという授業が多くありました。そうしたとき、東進は受けたいときに授業が受けられるというのが僕にとっての魅力でした。また、部活後は眠くなってしまうことが多かったため、映像は止められる、見返せるというのも魅力でした!

② 授業の進捗

 東進に入る以前、僕は学校や予備校の授業の進捗に不満がありました。学校の授業も他の予備校もすべての分野を1周終わるのが7月であり、難関大学合格を考えた場合それでは遅いと感じたためです。映像授業であれば自分の進めたいペースで進めることが出来ます。早いペースで進めたい僕にとってはぴったりでした!

③ 担任助手との距離感

 東進=映像というイメージが強いですが、校舎に来たことのある人しかわからない特徴もあるんです。それは担任助手と呼ばれる大学生スタッフとの距離の近さです!東進は他の塾と比べると明らかに大学生スタッフと関わる機会が多いです。僕は受験勉強を始めたての頃、なにをやればいいのか分からず悩むことが多くありました。東進は、以前招待講習を受けたときにたくさん話しかけてくれて話しやすいイメージだったため転塾を考えるきっかけになりました。身近に相談しやすい人がいることが僕にとってはすごく助けになりました!

以上のことを簡単にまとめると、

 東進は、部活が忙しい人や自分でどんどん進みたい人、大学生とたくさん話してみたい、人と話すのが好きな人にとっては合っていると思います!ですが、東進は集団授業の塾と違い強制力が弱いので、なんとなく入ってみようかなという人にはあまり向いていないかもしれません!

人生で一番の山場と言ってもいい大学受験、予備校選びはとても重要だと思います。少しでもその予備校選びの参考になればうれしいです!

藤沢校担任助手 露木友博

↓↓↓↓↓ 招待講習や資料のお申込みはこちらから! ↓↓↓↓↓