本当にあった怖い話~受験編~ | 東進ハイスクール 藤沢校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 | 毎日更新ブログ

ブログ

2023年 1月 3日 本当にあった怖い話~受験編~

皆さんこんにちは!一年担任助手の吉野遥です!

新年あけましておめでとうございます~!

 

さて、この時期に私のつまらない近況についてなんて興味ないと思いますので、藤沢校の素敵な掲示をご紹介します

皆さん12月から校舎に桜の木が現れたことにお気づきでしょうか?

こちらです↓ (思いっきり画質を下げたことで意図せずモザイクがかかりましたが個人情報保護とか言っておきます)

一つ一つの花には、担任助手からのアツいメッセージが書かれています!

今はもっとたくさんの桜が咲いているので校舎で見てみてくださいね!

それでは今回の本テーマに入りましょう

今回は本当にあった怖い話~受験編~

ということで、受験生にとっては身の毛もよだつ実話の怖い話をいくつかお届けしようと思います。

①机の上の受験票

初っ端から怖さMAXです。

とある受験生Aは、明日の大事な受験に受験票を忘れていかないようにリビングの机の上に置いておきました。

明日も朝早いので早めに寝る支度をしようとしたその時、彼のお父さんが机の上の受験票をじーーっと眺めています。

そしてゆっくりと彼の方を見てこう言いました…

 

 

「受験日のところ、今日の日付じゃないか?」

きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ

A君、まさかの受験日勘違いで今日の受験を明日と勘違いしていました。気づいた時にはもう手遅れ、受験は終わってしまっています。

出願の締め切り日を間違えたり、必着と消印有効を勘違いしていたりと、受験は日付に関するミスがとても頻発します。専用のカレンダーを作るなどして、自己管理を抜かりなく完璧に行えるようにしましょう。

 

②引き裂かれた受験票

受験本番の朝、みんなよりも少し早めに会場についた受験生Yさん。

会場の入り口で係りの人が受験票の確認を行っています。

Yさんも忘れないように何度もチェックした受験票を、カバンから出そうと探します。

紙の感触にホッとしながら引き出すと…

 

ビリッ

きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ

大事な受験票が真ん中で真っ二つに裂けてしまいました。

パニック寸前のYさんが係りの人に受験票を見せると、別室に案内されてセロテープで留めるように言われました。その日一日破れた受験票で受験しましたが、Yさんは見事第一志望校に合格し、受験にやぶれることはありませんでした。

こちらは私吉野の実話です。本当に焦りました。システム的に大丈夫でも、精神的に相当パニックになります。受験票は大切に扱いましょう。

 

③襲い来る魔物

いつも勉強中に眠くなってしまうB君は、よくコーヒーを飲んでいました。

志望校の試験も勉強といえば勉強、試験中に眠くなってしまわないか心配です。

そうだ、いつものようにコーヒーを飲んで挑もう。

B君の受ける試験は100分の科目がありました。

試験が始まり、半分ほど解いても眠気は一切来ません。よかった!

そう思ったのもつかの間、急激にトイレに行きたくなってきました。

このままでは集中できない!でもトイレに行ってしまったら最後まで解ききれない!!

きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ

葛藤の末トイレに駆け込んだB君は、戻ってきてから爆速で解き進め見事その大学に合格しました。よかったです本当に。

コーヒーはカフェインが含まれているため眠気防止になりますが、カフェインには利尿作用もあるためトイレに行きたくなる可能性大です。

試験本番は眠くなる余地がないくらい真剣勝負なので心配する必要はないと思います。

もしも試験中トイレに行きたくなってしまわないか心配…というひとがいたら、朝にお餅を食べてみてください。糖質が多いお餅は水分保持を助けてくれるのでトイレが近くなるのを防いでくれるそうですよ!あと休み時間に「トイレに行っておいた」という安心感を作るだけでも精神的に変わってくるので、心配な人は毎休み時間いってもいいと思います!私はそうしてました!

 

自分のフルパワーを出すために、余計な心配事はできるだけ潰してしまいましょう!

一年担任助手 吉野遥