教育実習で経験してきたこと! | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 9日 教育実習で経験してきたこと!

こんにちは!横浜国立大学 理工学部 4年露木です!

先日、母校である鎌倉学園に教育実習に行ってきました!今日はその教育実習で経験したことについて紹介しようと思います!

~教育実習の流れ~
教育実習主な流れは1週間目は授業見学、2、3週間目では授業を行いました。部活動は3週間を通してずっとありました。

~教育実習での活動について~
①授業見学と授業
授業見学や実際に授業をしてみて気づいたことは、生徒として見る授業と先生として見る授業では全然違うことです。生徒時代、なにげなく受けていた授業はとても作るのが大変なことや、授業がわかりやすい先生の凄さを実感しました。

②部活動
僕は高校時代所属していたラグビー部を担当しました。部活動では主に、練習メニューの作成と部活動中の指導を行いました。部活動は授業よりも生徒との距離が近い分、生徒との関わり方や物の伝え方に気をつけなければいけません。僕的に授業をやるよりも難しいと感じました。

~教育実習を終えて~
今回の教育実習は、生徒もなついてくれてとても楽しいことも多かったですが、それと同時に時間的な余裕がなくてとても大変でした。先生の大変さを身をもって体験しました。

この話を聞くと、先生の何がいいの?と思う人もいるかもしれません。僕も実習の前半はつらいと感じることの方が多かったですが、授業の後にわかりやすかった!と言ってもらえたり、生徒と仲良くなれたりしたときはとても嬉しく、実習後半では楽しいと感じることの方が多くなりました!

~最後に~
学校の先生はとても大変な仕事ですが、悪いことばかりではありません。先生は大変だからやめようかな、と悩む人もいるかもしれません。でも、そういう人にこそ少しでも興味があるのならやってみて欲しいと思っています。そして、先生という仕事のいいところにも気付いてもらえたら嬉しいです。

藤沢校担任助手 露木友博