担任助手紹介! ~安江編~ | 東進ハイスクール 藤沢校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2021年 10月 16日 担任助手紹介! ~安江編~

皆さんこんにちは! 藤沢校担任助手3年の坂井晴です!

今回は、藤沢校で勤務している担任助手の魅力を、他の担任助手が客観的に見出し、紹介していくコーナーとなります。

そして、私坂井が今回紹介する担任助手は…..

 

安江担任助手です!!!!

 

今回は、私が気になってインタビューしたことについて、詳しく紹介していこうと思います。

まずは彼の経歴を紹介していきます。

 

安江の経歴

コネチカット州グリニッチ=ニューヨーク日本人学校

神奈川県立洋光台第一小学校

神奈川県立洋光台第一中学校

神奈川県立湘南高等学校

東京工業大学 理学院 ←(現在)

 

【坂井のひとこと】

小学校から異色の経歴です。両親のお仕事の関係でニューヨークの日本人学校に通っていたそうです。

ただ、彼曰くあくまで小学校の頃なので、英語に関しては自信があるわけではないそうです。

 

安江が小学生時代に通っていた校舎

「当時通っていたニューヨーク日本人学校の校舎(Wikipediaから引用)」

安江の性格

彼は小学校から大学に至るまで、バスケ部に所属しています。趣味を聞いたところ「スポーツ観戦」と答えるくらい、根っからの運動部気質でした。

勉強に関しては理科科目が大好きで、特に物理に関しては、受験勉強においても苦にならなかったそうです。

受験生時代は、様々な大学の過去問を解く際に「大学とタイマンする」心持ちで毎回臨んでいました。メンタル鬼つよですね。

 

【坂井のひとこと】

言われたからやるのではなく、受験勉強に対して自主的に努力していた人は、第一志望校に合格する可能性が高いと感じています。

安江担任助手のように、大学とタイマンする、くらいの心の余裕を持って楽しんでみることも大切なのかもしれないですね。

また、安江君はとても温厚な性格で、怒ったところは見たことがありません。とても話しやすいので、生徒の皆さんは是非話しかけてみましょう。

 

安江のきっかけ

担任助手になったきっかけは、現在担任助手2年生の菊地原さんに勧められたことがきっかけだったそうです。

担当の担任助手に勧められることは、彼にとって大きな契機となりました。

 

【坂井のひとこと】

安江担任助手に「担任助手になってからの一番のやりがいは?」と聞いてみたところ、「特に、理系でやる気のある生徒の背中を押していきたい」と答えてくれました。

藤沢校では、受付に行くといつでも担任助手に質問をすることができるので、ぜひ安江担任助手に質問に行ってみて下さい。どんな相談でも親身になって答えてくれますよ!

 

安江の夢

担任助手になった大学生は、既に目標や将来の夢を持っている割合がとても高いと感じます。

理由として助手を務める明確な目的や理由があることがあり、この二つには何らかの相関があるのだと私は考えています。

そして安江担任助手の夢は、「研究者と企業を繋ぐ役割を担うこと」だそうです。

彼曰く、研究者は日々お金を工面することに苦労していることが多く、優れた研究者が実力を発揮できないというジレンマを抱えています。

研究者が適切な企業と提携することが可能になれば、より整った環境で研究を受けられるようになります。

安江担任助手はそれを実現するために、これから勉強を頑張っていきたいと伝えてくれました。

 

【坂井のひとこと】

とてもかっこいい夢ですね。

担任助手は志の高い人が多いことから、将来の夢などについても相談してみる、いい刺激を受けられそうです。

東進では低学年から入学すると、「志作文」という将来について向き合う時間を作り、考えてもらいます。

夢の決まっていないことは当たり前で、高校生から決まっているのはごくわずかです。

しかし、大学受験やその他において、確固たる志を持つことは揺るぎない原動力となり、通常の何倍も粘り強く頑張れるようになるのも事実です。

考えるきっかけとして、担任助手に「将来の夢は何ですか?」と聞くことで、自分の考えと照らし合わせながら、色々なことを知っていくのも、とてもアリだと思います。

私も今回のインタビューを通じて、とてもいい刺激を受けました。安江君ありがとう。私も色々頑張ります。

 

 

以上で他己紹介は終了です!これからも色々な人の紹介をしていくと思いますので、ぜひ藤沢校のHPを確認してください!