担任助手紹介 露木編 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 10日 担任助手紹介 露木編

こんにちは!横浜国立大学4年露木です!

今日は簡単に僕自身の紹介とこれから受験を控えているみなさんにお話ししたいと思います。

まず、自己紹介からさせてもらいます!

僕は現在、横浜国立大学の理工学部、機械工学科に通っています。

高校は鎌倉学園、部活はラグビー部に所属していました。高校時代は、部活のために学校に通っていたいわゆる部活バカでした(笑) 高校2年生までは勉強もまったくせず成績は赤点ギリギリ、模試は受ける意味がないんじゃないかというほどひどいものでした。

そんな僕ですが、高2のこの時期に勉強を開始し、周りに支えられながら第一志望に見事合格したわけですが、大学生になった今でも後悔していることがあります。

それは志望校選びです!

なにが失敗だったというかというと、志望校や将来やりたいことを何も考えず受験したことです。

今通っている横浜国立大学ですが、家から通える国立大学であるから、学科はたまたま目に入ったからというくじ引きのような感覚で決めました。

しかし、このときの選択にあとでこんなにも後悔することになるとは当時は思ってもいませんでした…

大学に通い始めてから約1か月、新しい友達ができ、サークルも決め、あこがれの新生活、毎日があっという間にすぎていく、はずでした。

約1カ月間で気づかされたこと、それは

授業がつまらなすぎることでした。

これはよく考えれば当たり前のことなんです。

高校と大学の授業の違いは専門度が大きく異なります。これまで受けてきた授業とは難易度が違います。おまけに興味がないとなると、授業を受ける気力も起きなくなります。なんでやりたくもないことの勉強をこんなに頑張らないといけないのか、と当時の僕は思いました。

今は、教育系の仕事につきたいと思い、通常の授業に追加で教員免許取得のための授業を取り忙しい日々を送っています。はじめから教育学部に行っとけよって感じですよね。理系の方の授業も、新しいことが知れていい経験になる!と自分に言い聞かせて頑張っています。

結局なにが言いたいかというと、高校生のうちに将来なにがやりたいのか、なりたいものになるためには大学でなにを学ぶ必要があるのかまでしっかり考えなければならないということです。

みなさんは大学受験で後悔を残さないよう今頑張るのはもちろんですが、大学に入ってからも後悔しない選択をして下さい!

藤沢校担任助手 露木友博