担任助手の大学生活①<お昼ご飯編> | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2013年 2月 1日 担任助手の大学生活①<お昼ご飯編>

こんにちは!新年明けたと思えば、もう一ヶ月が経ってしまいましたね。センター試験から2週間が経ち、私立大の入試も続々始まってきました。

受験生の皆さんは今が一番辛いときですが、同時に一番輝いているときでもあります。ここまで自分に厳しく努力をする機会は、もう無いかもしれません。あともう少しです。

大学生の私はというと、授業が一通り終わり、ただいま期末テストのまっ只中です。私の通っている大学は「進学振り分け制度」のためにテストの点数がそのまま学部への進学に影響するので、みんな最大限の努力をしています。

さて、今月は一日おきに「担任助手の大学生活」を紹介していきます!

 

今回は、勉強のことから離れて、「東大生の昼ごはん事情」について紹介したいと思います!

1・2年生が通う駒場キャンパスでは、昼休みが始まるとご飯を食べに行く学生でごった返します。キャンパスには合わせて3つの食堂があるのですが、どれもあっという間に満杯になってしまいます。上の写真のように、食堂には色々なメニューがあります。麺類・丼ものや生姜焼きやステーキなどのおかず、サラダバーなど種類は豊富です。

学食のほかにも、生協の購買でもおにぎりやパン・お弁当・カップヌードル(もちろんお湯も入れられます)など、昼ごはんに困るということはまずありません!

渋谷に近いため、キャンパスの外でも、ラーメン屋や弁当屋さんなど様々なお店があります。どこで食べるにしても、値段は低めなので、お財布のことを気にすることはありません。

大学に入ると、高校までとは違い、外食の機会が格段に増えていきます。気を付けなければ、舌が肥えると同時に、体も肥えていきます。(笑)何事もバランスが大事ということで・・・。

東進ハイスクール藤沢校 担任助手 田中健斗