担任助手の大学生活④<お茶の水女子大学編> | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2013年 2月 9日 担任助手の大学生活④<お茶の水女子大学編>

皆さん、こんにちは^^

藤沢校担任助手3年生の児玉しずさです。

今日は私の通っている

お茶の水女子大学食物栄養学科について、皆紹介したいと思います☆

最近は、資格ブームや医療関係の人気で、とても人気が上がっている学科です。そんな食物栄養学科は、3つの大きな特色があります。 それは

①管理栄養士として働くための勉強ができる!

8年前から管理栄養士養成学校として国に認められたので、卒業と同時に栄養士の資格と、管理栄養士の国家試験の受験資格がもらえます。そのため、授業は食品学調理学など、食べ物の特性に関わることについての授業から、臨床医学病態栄養学といった医学分野に関わる授業まで多岐に渡ります。

また、保健所・病院での実習も行うので、現場に近づくことのできる学科です!

 これは、同じ塩分濃度のほうれん草のお浸しに対して、お酢の加える量を変え、どれが美味しく感じるかを試しているものです。

塩分を控えなくてはいけない人でも、少しでも美味しく食べられるように!ということでその方法を考えています^^

総合大学の強みを生かして、研究ができる!

栄養学について学ぶ一方、生物的・化学的・物理的な実験も多く行うのがお茶の水女子大学の特徴です。4年生からは研究室で研究漬けの日々を送るのですが、細菌を扱う研究室・ラットなど動物を扱う所、新しい野菜を開発するところ、栄養成分を使って実験を行うところ、など色々な研究室があります^^

 これは、私が行った学生実験の写真で、使っているバターの量、砂糖の量、牛乳の量が違うケーキを作り、味や食感、気泡の出来などにどのような違いが現れるかを実験しました。このように、実験はとても楽しく、新たな発見が沢山できます☆

③学科のみんなが仲良し!!

食物栄養学科は、2年生からはほぼ必修の授業のみで、学科人数も36人と少ないので常に皆一緒で高校のクラスの様なイメージです^^また、実験や実習などグループでやることが多いため、皆で居る時間が長く、すごく仲がよいです。実習などは大変なことも多く、大変だからこそ一緒に頑張りあえる仲間がいるのはとても心強いです!普通の大学では授業がバラバラなことが多く、サークルの方が仲が良いということも多いので、学科の仲間同士が仲が良いというのは、アピールポイントです^^

+α

お茶の水女子大学は日本で2つしかない、国立の女子大学のひとつです!

女子大だけど、本当に女子しかいないの?出会いはあるの?学内に男子トイレはあるの・・?など、女子大だからこそ気になる話題については、ぜひぜひ私まで直接聞きに来て下さい(^0^)/その他大学生活についても、どしどし質問して下さい!

それでは最後に、昨日のワールドカップ速報です!

 

藤沢校はワールドカップ一色、皆盛り上がってますね^^ ワールドカップ1週目が終わりますが、これからも熱い戦いを繰り広げていきましょう!!! 😈

藤沢校担任助手 児玉しずさ