担任助手になってよかったこと | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 23日 担任助手になってよかったこと

こんにちは~!中原と申します!みなさんセンター試験はいかがだったでしょうか!

うまくいった方も、そうでなかった方も、ここから気持ちを切り替えてまた新たに勉強していきましょう!

さて、今回のテーマは担任助手になってよかったことですが、今東進で一生懸命勉強している人の中にも、もしかしたら担任助手に興味がある方がいらっしゃるかもしれないと思うと、言葉を選ばないとなぁ…と正直ドキドキしてしまいます(笑)

今回は自分が担任助手を志望したしたきっかけについて書きたいと思います!

私は東進ハイスクール藤沢校に中学卒業と同時に入りました!

その時、高校には頭のいい人ばかりで、みんな勉強しなくてもできてしまうから、何か自分に勉強するきっかけを作らないと!と高校入学する前から謎に焦っていて、ちょうどその時期の春に行われていた体験授業を経て東進に入塾しました。

しかし、運動部に所属してから勉強と部活を両立することが困難になり、センターレベル模試などの成績は人様に言えないような点数になっていました(本当にここでも言いたくないほどひどいです笑)

そんな時、私の担当であった当時の担任助手が日々の勉強のことだけではなく、部活との両立の仕方についてたくさんサポートしてくれてそのおかげ高校2年生の時に受けた同日模試でいい結果を残すことができました。また、慶應は小論文があるため、どのように対策すればいいのか悩んでいた時、わざわざ私1人のためだけに小論文対策の情報をかき集めて説明してくださったり、こんなにたくさん人がいる校舎なのに、こんなに手厚くサポートしてもらって逆に申し訳ない…!と思うぐらい担任助手の方々にはお世話になりました。

当時の担任助手の先生には感謝しかありません。そんな担任助手のイキイキとしている姿を見て、「自分もこの人たちのようになりたい!」と思い、担任助手を志望しました。

 

 私が担任助手になって、よかったと思うことは、生徒が一生懸命頑張っている姿を近くで応援することができることです。そんなの担任助手なんだから当たり前ではないか!と思う方もいるかもしれませんが、格好よくいってしまえば人の人生の岐路に携わることができ、なおかつ助言をすることができるって、こんなチャンス滅多にないと思います!

また、以前までは知らない人と話す時、どこかよそよそしかったり、うまく自分の言葉で相手に伝えることができなかったり、うまくいかないことが多かったのですが、たくさんの生徒と話をしているうちに、自分よりコミュニケーションが苦手な子がいたりして(笑)ああ自分がうまく話しをつなげなきゃ!と今は一生懸命にやっております(笑)コミュニケーションに自信がなくても、担任助手になってからはいくらでも成長できるチャンスがたっっっっっくさんあるのでぜひ!(笑)

他には、普段から生徒を中心に考えているので、時には自分の仕事よりも優先しなければならない時もあり、普段から気を配らないとならないので、以前よりも周りがよく見えるようになったと感じています。

また、他大学に友達が少なく、新たな関係を作ることが難しかったのですが、藤沢校には様々な大学に通っている担任助手が大勢いるので、交友関係を広げることができます!!

東進を卒業したら、担任助手になろうか悩んでいるなら、それこそ担任助手に相談してみてはいかがでしょうか!(笑)きっと親身によりそって相談にのってくれると思いますよ(^^)

以上になります!ご一読ありがとうございました!(^^)!

担任助手1年 中原

↓↓↓↓↓お申し込みは下のバナーをクリック↓↓↓↓↓