【完全版】小宮流★小論文のすゝめ | 東進ハイスクール 藤沢校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 5月 29日 【完全版】小宮流★小論文のすゝめ

こんにちは!!

気に入ったアニメや映画はBGMになるくらい何回もリピートしますが、最近はTRICKずっとみてます。

「お前のやった事は全部全てすりっとまるっとごりっと全部お見通しだ!!」

小宮です(^^)/

今日は小論文について熱く語っちゃおうかなと思います!

小論文を受験で使う人は必見ですヨ!

※ちなみに詳しく書こうと思ったら、とんでもなく長くなりました。

勉強の休憩時間など時間があるときに見てくださいね

1.いつから始めるべき?

前回の自己紹介でも言いましたが、私は推薦を受けています。その試験は小論文重視の試験だったので、小論文の対策には力をいれていました。あくまで参考程度ですが、私が小論文を対策しきったなと思えるまでに要した期間は

1か月半です!!!

「あれ、意外とすくねーな」と思いました?

実はこの1か月半、小論文しかやってませんでした!推薦入試の直前は一般の勉強そっちのけで、小論文詰め込んでたのでこの短期間で完成することが出来たんだと思います。なので一般の勉強と両立して小論文を勉強するなら、最低でも夏休みには始めておきたいですね、、、🌞

もっと細かく日程を聞きたかったら、是非小宮に話しかけてくださいネ!

2.何の参考書を使えばいい?

そもそも参考書を使うべきか、使うならなんの参考書を使うべきか、悩んでいる人も多いと思います。実際、本屋さんに行っても小論文の参考書なんて比べられないほどありますよね。

持論、小論文は参考書なしでも上達します。

大事なの

①小論をみてくれる先生がいること

②ひとつひとつの小論文を完璧に出来るまで何回も書き直すこと

③話題のストック!!

_______________________________________________

<①>

文を書くことが好きだという人もいると思いますが、小論文はフィーリングで書けるものではありません。序論→主張→根拠→結論の順番を変えてはいけないし、採点されて初めて気付く自分の癖があります。学校の先生など小論文を見てもらえる人を捕まえて添削してもらいましょう!

_______________________________________________

<②>

日本史や英語の模試後と同様に、一つの問題に対し、一回解いて終わるだけなんてもったいなさすぎます!!

その話題について、次同じような問題が出てきても完璧に書けるくらい、何回も書き直しをしましょう。また、その試験が長文を読んでから答えるものなら(慶應文や慶應法など)、その筆者の主張を「知識」として自分の中におとしこんでも良いと思います。だってその学部の教授が選んで問題にした文章なんですよ??つまりは教授が支持する考えを知れるんですよ??

次その内容を試験で書けたら最高じゃないですか。

高得点間違いなしっ<(`^´)>★

_______________________________________________

<③>

 

問題:正義とはなんですか。あなたの考えを述べてください。

 

どう答えますか?これ実際に今年の慶應文の小論文で出た内容です。

「~だと思う。なぜなら実際に私も小さい頃に…」とか書こうとしていませんか?実はこれNGです。小論文の主張の根拠として、自分自身や家族、友達の実体験を述べても、高得点は狙いにくいです、、、(内容によっては高得点取れる時あります!)

ではなにを書いたらいいのでしょうか?

①歴史上の事実

②(文系なら)哲学、偉人の考え

③過去問から学んだ考えに使用された具体例

論理的な文章を作るためには、論理的な根拠が必要です。上記のものは公的によく知られていることや認められている事実であることが多く、高得点が狙いやすいです!

 

例えばこの問題の回答例を一つ挙げてみると、

「〜である。果たして「正義」とは絶対的で、不変的な価値観だろうか。否。(主張)例えば、戦後の東京裁判において何人もの日本人が「平和に対する罪」に違反するとして有罪判決を受けた。どの国も、互いに攻撃し合い、相手国のみならず自国に対しても甚大な被害を与えた「悪」である。それにも関わらず裁判では、戦争に勝利した国が「善」という立場で、敗戦国を「悪」であるとして有罪を申し付けたのだ。(根拠)

と、いうものが書けます。この場合①を使って書きました。やはり試験が始まって「正義とは何か」の根拠を探し始めると、時間的にも精神的にも大変です。あらかじめ様々な小論文ネタをストックしておいて、試験本番でそのストックから話題を選ぶイメージで試験に臨めると良いと思います!と言いつつ、このストックの使い方もある程度慣れていないと使いこなせません。

問題演習や過去問を通じて、ストック使いに慣れておきましょう!

3.小論文のネタの集め方?

では、「2」で述べた小論文のストックはどこで手に入れることができるのでしょうか?実際私がネタ集めのために使った参考書、本は以下の通りです。全体的に慶應文寄りの内容ではありますが、決して文学部だけめなく、法学部やほかの大学、学部の小論文にも役立つと思いますよ(^_-)!(実際に私は慶應法学部受かってますしね)

_______________________________________________

◉『現代文キーワード読解』Z会出版

これは一般の受験生でもやっておくべき参考書ですが、小論文でも十分に役に立ちます。この参考書に書かれているのは、よく現代文の問題になったりと論じられやすい頻出テーマがぎゅっと詰まっています。全部頭に叩き込んだ方が良いです!

_______________________________________________

◉志望学部の教授の考えが分かるもの

先ほど「2の②」でも述べましたが、やっぱり最高の教材は過去問です。これほどまでに分かりやすく、単純に、教授の考えを知ることができる手段はありません。沢山本を読んでネタを集めるよりも、過去問を何年も遡った方が圧倒的に志望校の小論文には、有利に働くと思います。また慶応文の過去問をやったら分かると思いますが、数年に一度同じような内容が再び論じられることがあります。これはもう過去問やったもん勝ちですネ!!!

加えて、教授の本を読んでみても良いかも知れません。もちろん読んで終わらせるのではんく、知識として理解し、暗記できてなきゃ意味はないですよ〜( ^ω^ )慶応文志望の方は慶應文学部出版シリーズ(『私を考える』『恋愛を考える』など)がおすすめです★慶應文学部17分野の教授がそれぞれの分野から考えた、私や恋愛を学ぶことができます

__________________________________________________

◉YouTubeやインターネット

もうこれは当たり前ですね!ありがたいことに私たちは科学技術の発展のおかげで、知りたいことをスマホを使えばすぐ知ることができます。そのことが完全に良いことかどうかは分かりませんが、受験勉強に役に立つなら積極的にインターネットの利便性を享受しちゃいましょう(o^^o)

私のおすすめは『中田敦彦のYouTube大学』です。西洋哲学、東洋哲学など細かく複雑なものも分かりやすく説明してくれています。また慶應文などは読書経験がある前提の小論文を出してきます。(「…。これについてあなたの読書経験を踏まえて述べなさい。」など)私は読書経験浅いくせに、超本読んでる風に見せたかったため、ドストエフスキの『罪と罰』の内容を中田敦彦のYouTube大学で理解して、読んだことにしていましたヨ、、、

上の慶応文のようんに志望大学、学部によって知っておくべき知識もあります。例えば教育学部などの志望であれば日本の教育制度の歴史、現在の教育制度、海外の教育制度などについて知っておく必要があるでしょう。臨機応変に、インターネットなどを利用して、知識を追加させてくださいね(^^)

もし慶應を受けるなら!(っていうかみんな受けますよね???)福沢諭吉先生の考えは知っておくべきです。(何せ入学祝いに慶應から送られて来たのは福沢先生の自伝書ですからね、、、)小論文で「福沢諭吉先生もこのように述べている。…」と書けるとめちゃめちゃ高得点です◎(私は慶應文で今年使いました!)このサイトみて考えを叩き込んだ気がします。→https://jinjibuchou.com/%E6%96%87%E6%98%8E%E8%AB%96%E4%B9%8B%E6%A6%82%E7%95%A5

_______________________________________________

集めたネタはネタ帳に書き殴っては理解して、覚えてはの繰り返しです。頑張ってください!

実際に私のネタ帳も見せることができるので、興味ある人は是非是非。

4.小論文で受験できる大学?

ではそもそも小論文を使って受けられる大学はどこがあるのか気になりますよねっ。なので小論文を使って受けられる大学を数個挙げておきます。もちろん挙げた大学以外にも小論文を使える大学はたくさんありますが、現代文や古文漢文が苦手という人、文を書くのが好きという人は受験校選びの参考にしてみて下さい(^_-)

_______________________________________________

-私立-

慶應義塾大学

言わずもがなですね!!小論文と言ったら慶應ですよね!!全学部試験に小論文はマストです٩( ᐛ )وイエーイ。もちろん学部によって試験の形式は違うので過去問は要チェックです!

★東洋大学★

文学部後期日程で小論文があります!私立で後期があることも特徴的な東洋大学ですが、やはり文学部は文章力を問いてくる試験科目ですね。

★法政大学★

法政大学文学部T日程に小論文があるようです。T日程とは法政大学のグローバル教養学部理工学部機械工学科航空操縦学専修を除く14学部が同じ日に一斉に試験を受ける方式です。

★青山学院大学★

知らなかった!という人も多いのでは?青学の共通テスト併願方式で行われる学部別独自試験では小論文が出るところがあります。それぞれ気になる学部は要チェックです!

★北里大学★

看護学部では小論文必須です。というか北里だけでなく聖路加など、大体看護学部では小論マストのところが多いですね!

_______________________________________________

-国立-

★京都大学★

京都大学法学部は「未だ答えのない課題に対して徹底して自ら考え抜こうとする姿勢を有しているかが重視される」とホームページに書いてあります。さすが京都大だけあって「未だ答えのない課題」を入試で解かせるなんてかっこいいです。

★横浜国立大学★

我らが担任助手一年の安達大和・中村豪太の通う教育学部の二次試験は小論文がありますね!詳しくは二人に聞いてみて下さい。

★横浜市立大学★

横市は頼れる担任助手一年小野田美喜の通う看護学部だけでなく、国際教養学部と国際商学部の後期でも小論文が課せられています。ちなみにこの学部の後期は共通テスト三教科受験が可能なので、私立文系でも国立が受験できる穴場学部です!私も国際商学部に願書を提出しました!

5.最後に

ここまで大変長い文章を読んでくださってありがとうございます!(o^^o)

最後の最後で言いますが、小論文で一番重要なのは論理的に自分の考えを述べられているかどうかです。(主張)の部分のところで、「一般ではこう言われてる。しかしほんとにそうなのか?」と一般論からその否定に入ることで、強く自分の主張ができます!そこから根拠などを使い、相手を論破していくイメージで文をおりなしていきます。(←こういうのも添削してくれた先生が全部教えてくれました)

小論文について少しでも参考になれば幸いです。

質問があれば、いつでも小宮聞いてくださいね!

応援しています!!

 

★他の担任助手の投稿はこちら

担任助手一年 小宮奈々