受験生になる君へ!勉強の進め方特集。 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2021年 1月 20日 受験生になる君へ!勉強の進め方特集。

みなさんこんにちは!東京農業大学応用生物科学部農芸化学科1年の小野塚咲希です!

今月は二度目の登場となります。このHPを書くたびに自分のパソコンタイピングスピードがあがっているような気がして

少し嬉しくなりながら毎回書いています^^

ということで、今回はこれから受験生になる高校生に!

実際、受験生になったらどんな風な勉強をしたり、1日どのくらいの勉強をしたりするのかなど、

受験生になった時の勉強の進め方特集でお送りしたいと思います!!

 

まず、私がちゃんと受験のために勉強し始めたのが、高校2年生の冬でした。

というのも、東進にはいったことのがその時期で、

6月末までに受講を終わらせることと高マスを高2の時はひたすらがんばってました。

そのおかげで、ほとんど勉強していなかった私に勉強習慣というのが身に付き、

本当に少しずつですが受験生になるための準備ができてきていたような気がします。

ただ!高校二年生の時期は本当に行事とか部活とか全部がとにかく楽しすぎる時期だと思います!

 

なので、高校二年生のみなさん。

今はとにかく高校生活を楽しんで下さい。コロナウイルスの影響でなかなか思うように

いろんなことが出来ていないと思いますが、

高校3年生になったら高校2年生のときほどのびのびとただ楽しいだけで学校にいくことが出来なくなります(泣)

だから、とにかく楽しんでください。

その上で、楽しみながらやってほしいことが

受験生になるための準備です。

そもそも「勉強習慣」のついていない高校生が多いと思います。

もしそのまま高校3年生にそのままなってしまったら、最初が「勉強習慣」をつけることからの始まりになってしまい、

スタートがだいぶ遅れてしまうので、

15分でも30分でも毎日勉強したり、通学時間を勉強にあててみたり、

少しずつ勉強する習慣を高校2年生のうちからつけときましょう!

そうすれば受受験生としていいスタートがきれること間違いなし☆彡

 

そして受験生。

受験生になると、一気に勉強時間が多くなります。

東進では一日15時間を目標に受験生は頑張っています。

通学時間はもちろん、歩いているときやご飯を食べてるとき、お風呂やトイレに行くときなど、

あらゆる時間までを勉強にあてるぐらい、「1分1秒惜しむことが許されない!」

というぐらい、勉強することになります。

「たぶん、人生でここまで勉強することないんじゃないか?」というぐらい、

嫌になるほど勉強します(笑)

また、受験生の勉強は単に高1から高3までの勉強を復習するだけでなく、

それを繰り返し何回も覚えたり解いたり、アウトプットするために膨大な量の問題を解いたり、

過去問を何年分も解いたり、いろんな大学の問題を解いたり・・・。

それを1年間、毎日続けるんですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

ぞっとしますよね。(笑)今は本当に想像しにくいと思いますが、

とにかく受験生になると、今までの何倍も人によっては何十倍も、大変になります。

 

そんなこんなで、すごく悪ーーーーーーいイメージがついてしまったかもしれませんが、

 

受験生=「自分の将来の夢ややりたいことをやるための準備期間」です。

 

自分が将来思い描く大人になるための大学に入るために、受験はがんばるんだ!と、

受験を終えて、思いました。

 

みなさんも、自分が思い描く将来の大人になるために、

大学受験という高い壁をぶちやぶってほしいなと思います!!

 

がんばってください!!

 

藤沢校担任助手1年小野塚咲希