受験本番の事件・あるある | 東進ハイスクール 藤沢校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2021年 12月 23日 受験本番の事件・あるある

こんいちは

東京工業大学理学院1年の安江雄哉です

受験生は共通テストが近づいてきてそわそわしている人もいるかもしれません

そんな中本番で予期しないことが起きてしまったら相当動揺してしまうかもしれません

本番実力を発揮しきれずに思うような点数がとれないなんてこともあると思います

そんなわけでですね、今回は受験本番の事件・あるあるを紹介していきたいと思います!!

友達から聞いた話もありますが、そんなこともあるんだぐらいの気分で読んでみてください

 

受験本番の事件・あるある

1.トイレがとても混む

これは受験者の男女比が偏っていると特に深刻な問題となります

僕は理系で受験していたので受験者の男子の割合が多くなっていました

そうなると休み時間は毎回男子トイレが激混みします

トイレからできた列が階段を上っていき上の階にまで続くほどでした

そしてその階の列はその上の階へ・・・

一番上の階のトイレの列はどうなっていたんでしょうね?

今になって興味が湧いてきました

みなさん余裕があったら見てきてください

そして僕に教えて下さい

 

2.開始ぎりぎりの集団トイレ事件

これは僕がいた会場だけの話かもしれませんが、

試験の問題用紙・解答用紙が配られ、あとは開始の合図を待つだけという状況で手をあげてトイレに行く人がいました

そしてそれに感化されたたくさんの人が手をあげてトイレに行こうとするという事件がありました

みんなの動揺を誘おうとしてしたことなのか、

単純に緊張などからトイレに行きたくなったのかはわかりませんが、

結果的に多くの人の動揺を誘うことに成功していますね

驚くべきことに、僕が受けた受験校合計4つのうち3つの会場でこのようなことをする人がいました

僕の友達の話では、百戦錬磨の風格を漂わせた明らかな浪人生がこの戦法を使っていたようです

意外と受験は心理戦なのかもしれませんね

(おすすめはしません。同じ会場にいた人と同じ大学になる可能性が大いにあるからです。大学で、そんなことをしていた人だと思われるのは嫌ですよね。)

 

3.みんなが天才に見える

これは受験本番を迎えたことがある人の多くが経験したことがあることだと思います

自分が見たこともない参考書を開いている人を見た時にそんなことを思うこともあります

特に自分が受かるか落ちるかの狭間にいると感じている人は強く感じてしまうかもしれません

このときには自分の周りの人ほとんどが同じようなことを感じているということに気が付かないほどになっていしまっています

こういったときは一度冷静になって周りを見てみるといいかもしれません

意外と周りの人達もそわそわしていると思います

 

どうでしたか?

これらの僕が経験したこと以外にもたくさんの事件・あるあるがあると思います

受験生の皆さんは、どんなことが起きても動揺しないことを意識してください

多少動揺したくらいでは落ちないくらいの学力をつけることも大事ですが、

本番で同様しないようにすることも大事です

意外とこういったことを考えている人も少ないので皆さん意識してみてください

共通テストまであと3週間

みなさん後悔しないように頑張って下さい!!!

応援しています!!!

 

 

他のスタッフが書いた受験期の事件・あるある・生活

2021年 12月 18日 受験期の私の生活!サクッと読んでください^^

                        

                        

担任助手1年 安江