受験期に起きた事件 | 東進ハイスクール 藤沢校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2021年 12月 26日 受験期に起きた事件

こんにちは!早稲田大学社会科学部三年の小西真央と申します。

いよいよ受験シーズン本番に近づいたということで、、、今回は「受験期に起きた事件」についてお話ししたいと思います。この記事を読むことで、受験生は息抜きに、低学年の皆さんは受験への想像を膨らませてほしいです!

受験期はハプニングや壁にぶつかることが多々あります。第一志望校に合格した私でも、沢山ありました。今振り返れば笑い話に出来ますが(^^)/以下で紹介したいと思います。

【事件簿① 栄養失調事件】

私の受験生時代と言えば、とにかく時間を抽出して、誰よりも参考書に向かうことを意識していました。通学の時間はもちろん、信号待ち・エレベーター待ち・ドライヤーの間なども常に暗記。質を追い求める以前に時間を確保することは受験生にとって当たり前のことです。ですが、私の場合はご飯を食べる時間をも削って勉強に取り組んでいて、夜ご飯を食べないこともしばしば。

11月、12月と二回体調を崩し、病院に行って点滴を刺されました(笑)

当時は、なんでこんなに体調を崩すんだろうと不思議でしたが振り返ってみれば、きちんとした食事をとらなかったことが原因だったと思います。いくら勉強を頑張っていても体調に不調を抱えていては元も子もありません。本番で実力を発揮する事も出来ないと思います。

皆さんは私の経験を教訓に、食事は三食モリモリ食べてください!共通テストまで残り一か月を切っています。体調だけは崩さないように!

【事件簿② 社学本番での事件】

これは私が現在通っている、早稲田大学社会科学部の入試当日に起こった事件です。早稲田の受験会場は椅子が、机に附属していて、引き出すタイプなんですね。横三列に椅子が連なっていて、真ん中の人が通路に出る際は両サイドどちらかの人が立たなければいけないんです。社学の試験当日、私は端っこの席でした。

そして事件は英語の試験中に起こりました。。。(笑)なんと真ん中の席の受験生がお手洗いに立ち、私は英語を解いている最中にも関わらず一旦立たなければならなかったのです。受験生であればわかると思いますが90分間、1秒1秒が重要なわけで、、

とにかく集中力を取り戻すことに全力を尽くしました。

結果として合格したからよかったですが、やはり受験にはハプニングがつきものです。皆さんは何があっても動じない精神力を付けて、試験本番に臨んでくださいね!

ご一読ありがとうございました。

担任助手3年 小西真央