受験勉強を続けるためには。 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2021年 1月 10日 受験勉強を続けるためには。

こんにちは担任助手の菊地原です。

今回は私の受験期の志について話したいと思います。

この写真は人類の宝「新垣 結衣」です。皆さん逃げ恥新春スペシャルは見ましたか?

観たものは幸せになれます。見てない方は今からでもいいので見てください。

観たあなたは救われます。見てない人は、、、、。冗談です。

 

ガッキ―の話はさておき、今回は僕がどのような志を持って大学受験に臨んでいたかを話します。

僕は慶應義塾大学を志望していたのですが、その理由は

「慶応ボーイ」という響きがカッコイイからです。

男ならばモテたいと思うのは当然ですよね。

カワイイ女子と付き合えるかもしれないという期待を胸に受験を乗り切ろうとしていました。

しかし、そんな邪な理由で最後まで行けるほど受験は甘くなかったです。

僕が勉強をし切れた最も大きな要因は

「浪人が怖い」ということです。

僕の通っていた高校は学年の4割弱が浪人します。

そのため、皆が浪人は当たり前と言った雰囲気で勉強をしていました。

ですが、浪人についてよく考えると怖いポイントがたくさんありました。

怖いポイント

① 学力が簡単に伸びない

 これは恐ろしいです。現役生の頃は知らないことが多く、やればある程度点数が伸びましたが、浪人するということは全ての単元に一度触れている状態なので、新しく学ぶことは少なく、持っている知識をいかに零さず、新しい知識をちょっとずつ重ねられるかという勝負になります。これは僕がとても苦手としていることです。皆さんの中にも苦手な人が多いのではないでしょうか。

② 現役生にすごい速度で背を追われる。

 今まで赤ちゃんのような進みかたをしていた現役生が、突然トップアスリートのような顔をして迫ってくるのです。恐怖です。

③ 勉強しかしない1年間

 僕の高校では9月の体育祭を終えてから受験期に突入します。つまり、勉強をしていた期間は約4か月。その3倍勉強をすると考えると背筋が凍ります。

このように浪人はとても怖いものなので、皆さんも浪人をしないように頑張ってください。

応援してます。

1年 担任助手 菊地原