センター模試を終えて | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2014年 6月 23日 センター模試を終えて

 

こんにちは!担任助手の大石です。

 

昨日は「センター試験本番レベル模試」でしたね。

皆さん手ごたえはどうだったでしょうか。

絶望した人歓喜した人微妙な表情を浮かべることしかままならなかった人等多種多様だと思います。

 

上手く行った人!おめでとう!この時期に納得のいける成果を出せる人は少数です、この調子で更なる高みを目指しましょう!

上手く行かなかった人!おめでとう!できないところが明確にわかりましたね!そこさえできれば満点ですね!

 

 

大多数の人が、あぁこれやったのに思い出せない・・・といったもどかしい思いをしたのではないでしょうか?

何故そうなったのか。それは復習が不足していたからというのがひとつの原因にあげられます。

 

皆さんに聞いてみますが、一度でもいいので完璧な復習をしたことがあると胸を張って言える人はいますか?

恐らく少ないのでは?と思います。

 

だまされたと思って一度でもいいので自分はしっかり胸を張ってやりきったと言える復習をしてみてください、

きっと自分の今までの甘さに気づけるとおもいます。

 

個人的な見解ですが模試において重点を置いてほしいものは

予習:本番:復習=2:3:5くらいだと勝手におもってます。

それほど復習って大切なのです!!!!!!!!

 

そんなわけで模試が終わって一息ついた皆さん、

「もし」よかったら「模試」の解きな「もし」(おし)しましょう!笑

 東進ハイスクール藤沢校担任助手 大石博之