これをやったら伸びた!~三井編~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2013年 3月 17日 これをやったら伸びた!~三井編~

こんにちは!今日は三井が受験期によく使っていた勉強法についてお話します!

最初は英単語のことを書こうとしていたのですが、他の担任助手が先にかいているようなので、数学の勉強法についてお話します。

 

私が数学の問題を解くときに積極的に活用していたものがあります。それは問題の解答です。もちろんはじめから答えを見るわけではありません。活用のしかたは大きく分けて二つ。

一つ目は、問題を解いたあとの答え合わせに使います。(当たり前ですね)ただ、このときに気をつけていたのが、最終的な答えだけを先にみるということです。答えが合っているときは、そのあと途中経過が会っているかを確かめ、間違っている時は途中経過を見ずに、自分の答えがどのように違うのかを考えます。こうすることで自分の弱点を見つけられます。

例えば、答えが12なのに自分は6と答えたとします。「あぁ間違えた。」これで終わってしまっては勿体ないです。「どこかで半分にし忘れたのかな?」「どこかで6を加え忘れたのかな?」と振り返れば、どこかで間違った部分をみつけだせるはずです。

これをやっていくと、本番の見直しが上手くなり、また結論から考える力がついて証明問題にも強くなれます!

 

もう一つの活用の仕方は、これは電車やバスなど書くものがないときに活用します。

始めに問題を読んで、頭の中でどのように解くか方針を考えます。立て終えたら解答冊子を見て方針が合ってるかを見て答え合わせ。

この練習をしてくと、本番の記述問題でも上手く方針が立てられるようになっていきます!

 

といった感じで数学を勉強してました。このおかげで(問題の難易度が違ったということもありますが)、難関大本番レベル模試の第2回(5月)と第3回(7月)を比べると70点も伸びました!!この勉強法は大学生になった今でも使ってます!

 

ただ、実際の試験には問題を解く早さも必要なので、それはまた別に練習しましょう。

 

さて、最後に16日のワールドカップの結果です!(写真に写っているのは難波くんです)3月も残すところ2週間ですね!

 

藤沢校担任助手 三井陽平