難関大・有名大模試 復習法 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 15日 難関大・有名大模試 復習法

 

 こんにちは! 毎日が暑さの連続で、早速もバテそうになっている飯原です。これからどんどん暑くなっていきますし、水分をしっかりとる習慣をつけていきましょう!

みなさん、体調管理もしっかりしていますか? 私は受験期に一度風邪をひいてしまったのですが、その時の勉強の遅れは最後まで響いてしまったように思います。体調を万全にして日々すごしていきたいものですね。

 

さて、今日は第1回難関大・有名大模試が行われました。今年度最初の記述模試ということで、その難しさに頭を抱えた方も少なくないのではないでしょうか。 合格という1つのゴールへの道のりに光が見えない…と不安になっていませんか?

そこで今回は、こういった記述模試の復習についてお話ししたいと思います。

 

 

今回の模試を難しいと言っているのは、誰でも一緒です。ですが、最後に合格を勝ち取っていく人は模試の復習をしっかりしています。

私が実際に活用した方法として、一つ紹介しておきたいのが模試復習ノートを作るということです。

「ノートを作る」は、後々見直すことができるという点でただの復習とは違います。

①模試を受けた直後→自分の悔しさやできなかったことを綴る。

②模試後一週間以内→問題、解答冊子を見て解法の確認、そして整理したことを記入。

③次の実践舞台→ノートを見直す。

この3ステップを踏むと、一度間違えた問題は間違えにくくなりますし、何より、ノートを見直したときに自分の考えを書き加えることもできます。

私は、このノートを受験本番までに各教科ごと(英・数・物・化)に1冊ずつ作り、そして受験会場に持って行って心の励みにしました!

 

みなさんも今から受験本番までに何か一つのものを作り上げてみてはいかがですか?

 

東進ハイスクール藤沢校 担任助手 飯原

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓申込みなどは下のリンクから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓