記述形式問題の対策 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2017年 9月 9日 記述形式問題の対策

こんにちは!東京工業大学1年の田中美帆です。最近だんだんと寒くなってきましたね。風邪を引かないように気を付けましょう!

さて、本日の内容は記述形式問題の対策についてです。

全ての教科において、記述式問題の対策には答案練習講座過去問演習講座がおすすめです。答案練習講座とは、受講をした後に記述式の問題を解いて校舎に提出すると、数日後に添削された解答が返ってくるものです。過去問演習講座も同様に、解答を提出すると添削されたものが返ってきます。私はこの二つを活用していました。受講によって問題の考え方や解答の書き方などを学ぶことができ、添削によって自分の解答のどこが良くてどこが悪いのかが分かります。それらを参考にして、自分で問題集などを解く時も記述式の解答を意識すると、記述形式の問題に慣れていくと思います。特に数学や物理・化学においては、自分がその問題をどのように考えて解いているのかを採点官に的確に伝えるために、解答は少し丁寧に書くと良いと思います。

記述式の問題は慣れることが大事なので、たくさんの問題に触れることが大切です。記述式問題対策、頑張りましょう!!

東進ハイスクール藤沢校担任助手 田中美帆