私が第一志望をきめた理由 | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2017年 9月 13日 私が第一志望をきめた理由

 

こんにちは!早稲田大学教育学部1年の板倉里紗です!

 

最近は、雨の日も多く不安定な天気が続いてますね…

風邪を引かないように気をつけましょう…!

 

さて突然ですが今回は私が受験生時代に第一志望校を早稲田大学に決めた理由をお伝えしたいと思います。

 

まず私が第一志望校を決めた時期は高3の5月頃だったと思います。学校の体育祭が終わり同級生の雰囲気が受験生らしくなってきたことに焦って志望校について考え始めたという感じでした。

 

第一志望校を決める際、最重要視したことは自分の勉強したい学問が勉強できるかどうか、という点でした。学部については高2の時に学校で参加したインターンシップの経験から教育についてもっと知りたいと思っていたため教育学を学べる学部に軸をおいて考えました。

 

そして大学については、高いレベルの大学を目指すことでそのレベルに追い付くために自分自身のレベルをあげモチベーションを維持できると思ったことと、その以前から早稲田大学にあこがれていたこともあり、教育学部のある早稲田大学に第一志望校を設定することにしました。

 

さらに東進でお世話になっていた担任の先生と担任助手の方が早稲田に通っていたため、早稲田に行きたいという気持ちが強くなりました。そのため早稲田は4学部を志望校に入れていました。

最終的には教育学を含めいろんな分野の学問を学ぶことのできる早稲田大学の文学部を第一志望校に設定しなおし受験を迎えました。

 

 

結果は文学部には落ちてしまいましたが、行きたかった早稲田大学に進学することができ今は教育学部でよかったなと思えるようになりました。

 

志望校を考える際に大切なことは、その大学のその学部に行って自分が何をしたいのか、何ができるのか、を考えることなのではないかなと思います。

 

少しでも皆さんの参考になれば幸いです!

一緒にがんばりましょう!

 

東進ハイスクール藤沢校担任助手 板倉里紗