模試の解説授業が受けられます! | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2016年 11月 3日 模試の解説授業が受けられます!

こんにちは!慶應大学理工学部応用化学科2年の奈須 万柚子です!

一気に寒くなりましたね!

去年の今頃もこんなに寒かったかなあ…と

風に吹かれるたびに思います 😥

全国統一高校生テストの解説授業が受けられるようになっています!
 
なんと、東進生だけではなくて
 
一般生も同じ解説授業が受けられます 😀
 
模試を受けた人は、徹底的に復習して
周りに差をつけてしまいましょう!
学年別に模試の活用方法は違ってきます。
ひとつひとつの模試を大切にしましょうね!

残された時間を最大限活用

 

テスト実施日の時点で、入試本番まで、あと約3カ月。いよいよ志望校対策に取りかかる時期です。センター試験レベルの良問で基礎学力の総点検をしましょう。また、合格者の昨年同時期の成績分布と自分の成績を比較することで、これから合格までに必要な学習量を把握。今後の学習計画を立てることができます。

合格した先輩と分野別に
得点率を比較できるから、
取り組むべき課題が見える!

合格した先輩の同時期の
得点と競争できる!

 

難関大合格の秘訣は早期スタート

 

続けて受けよう!
東進のセンター試験対策模試(高2生の場合)

難関大合格者はセンター試験レベルが早期に完成していたという共通点があります。センター試験は基本的に高2までの学習範囲から出題されるため、高2生の君でも十分解くことが可能。早期スタートでセンター試験レベルの基礎をひと通り終えておけば、早期に志望校対策に専念できます。

 

対策すべき具体的な学習優先順位がわかる!

難関大を目指す君の挑戦を待っています

 

センター試験は教科書レベルの良問が中心です。高1生の君も今から受験することで、学校で学習した内容の理解を深めることが可能。習った範囲から確実にセンター試験レベルに引き上げることで、学習を効果的に進めることができます。

大問別の学習到達度がわかる!

 
東進ハイスクール藤沢校 担任助手 奈須 万柚子