志望校対策HR~横浜国立大学編~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2017年 10月 24日 志望校対策HR~横浜国立大学編~

こんにちは!横浜国立大学都市科学部建築学科1年馬場一輝です!最近は暑かったり寒かったり嵐だったりですごい天気ですね…秋はどこへ行ってしまったのでしょうか…?

今回は、10月23日に実施した、志望校対策HR~横浜国立大学編~について書きたいと思います!

この記事を読んでいる皆さんの中には、横浜国立大学志望の人だったり、なんとなく気になっている人たちもいるかと思います。では、実際に入学したいと思ったときに受けねばならない大学入試はどのようなものなのでしょうか?今回はそのことに関して、少しお話します。

横浜国立大学の入試は、どの科目に関しても、良くも悪くもいたって一般的なものです。「入試が一般的である」というのは、私が勝手に作った言葉なので軽く説明すると、高校や予備校、参考書で学んで習得した内容が、そのまま入試に還元されるようなタイプのものです。そんなタイプの入試で、やっておかなければならないことは、ズバリ、今まで学んだ内容を完璧にすることです。こう書かれると、対策まで普通だなと、感じると思います。ですが、普通のことをするのが、何よりも難しいのです。それに、完璧にするというのは、ほんとに難しいことです。なぜなら、時間がなかったり、自分の学力が追い付かなかったりするからです。

そこで、私がこれから横浜国立大学、もしくは他の大学を志す人に対して、常に気持ちの中で持っておいてもらいたいのは、

自分の志す大学よりもランクの高い大学を志す勢いで、日々勉強しようと思うこと

です。なぜこのような気持ちを持つべきなのか、それにはいくつか理由があります。一つ目として、ランクの高い大学を志そうと思うことで、より、完璧度合いが増すからです。二つ目として、あなたの志す大学は、実際にその大学以上のランクの大学を志す人たちが、何らかの理由でランクを下げて受験している場合があるからです。残念なことに、大学によっては、合格者の大半がその大学以上のランクを志す人たちで構成されているところもあります。

このような現実を考えると、やはり、上記のような気持ちを持つことはかなり大切なことです。途中からやや話がそれてしまいましたが…(笑)、大学受験は気持ちの持ちようがかなり大事になってきます。気持ち次第で、現実的に厳しいランクの大学に進学することもできます。これから3年生にとっては厳しい時期になってきますが、気持ちを強く持って、頑張っていきましょう!

東進ハイスクール藤沢校担任助手 馬場 一輝     

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓お申し込みはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓