志望校対策HR~上智大学(文系)~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 13日 志望校対策HR~上智大学(文系)~

こんにちは!上智大学文学部新聞学科2年宇都宮です!

ようやく涼しくなり秋らしくなってきましたね☆

上智大学は秋入学というものがあるため、元から多い留学生がさらに増えました!

留学生は美男美女が多いので毎日すれちがうときに眺めて幸せな気分になっています(^^)

今月は志望校対策を行っていますが、今日は上智大学の文系学部の対策を紹介したいと思います

 

 今日は一般入試の個別入試の対策についてお話します!

まず英語ですが、大問数が5題のものと8題以上にわたるものの2種類があります。

5題のほうはいかに正確に読むかがカギになる精読型、8題以上のものは正確かつスピーディーに解かなければいけないため速読型といわれています。

どちらも長文が多くさらに文量も多いため、段落ごとに内容を把握して正確に答えを見つけ出すのがカギになります!

また語順整序や正誤問題など文法やイディオムの知識を問う問題もあるため、基礎的な文法書は完璧にしておくといいと思います。

膨大な問題量に対応できるよう5年分程度は過去問を解いて慣れておくことをおすすめします…!

 

次に国語ですが、基本的に現代文(評論文)、古文、漢文の3題で構成されています。

どれも内容をどれだけ理解できているかを問われる設問がほとんどで、短い時間の中でいかに正確に読むかがカギとなります。

語彙力や慣用句、文化史などの知識を問われる問題もたまに出るのでそこで落とさないようにしましょう!

60分の中で3題解かないといけないので自分の中で時間配分を決めておくのがポイントです。

基本的にセンター試験の国語の問題をたくさん練習しておけばある程度はできるレベルなので国語が苦手な人はまずセンターからやっていくのがおすすめです!

 

最後に日本史・世界史ですが、どちらも問題数が非常に多いです。

資料問題が出題される傾向があるので資料集に載っているような地図や資料などはしっかり覚えておきましょう!

全体的には標準的な問題が多いので、そこでいかに点を落とさないかがカギとなります!

一問一答などで教科書での重要単語などは確実に覚えておきましょう!

 

全科目すべてマーク解答式なのでそこに答えはあります!つまりいかにあきらめないで解くかがカギ!

試験まであと4か月を切りましたが、たくさん演習して臨んでくださいね(^^)

藤沢校には上智のスタッフが4人いるので何か迷ったりわからないことがあったらぜひ聞きに来てください!

春にキャンパスで会えるのを楽しみにしています…☆

東進ハイスクール藤沢校

担任助手 宇都宮悠香

 

 ↓↓各種お申し込みはこちらから↓↓