夏休み勉強法~社会編~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2017年 8月 10日 夏休み勉強法~社会編~

こんにちは!法政大学2年の中野 友太です!

 

夏休みが始まって約2週間程度が経ちましたね!!受験生の方は勉強ペースも定まってきて、有意義な一日を過ごせているでしょうか??

 

1.2年生は夏休みの部活や合宿が始まり、きつい夏休みだと思いますが、時間を見つけて勉強はできていますでしょうか??

 

約40日間ちう長期休みの中初めから勉強法を知っていた方が効率も良く得です。

そこで今回夏休みの社会の勉強法について説明させてもらいます。

自分は世界史選択だったため世界史の勉強についての説明となってしまいますが、日本史と基本やり方は変わらないと思うため日本史選択の人も参考にしてみてください。

 

2年のこの時期は授業がまだたくさん残っていたため受講を中心に勉強を進めていました。受講で先生の話を聞いていましたが、何度も止めて学校でもらった史料集や用語集で都市の位置や偉人の顔などを暗記していました。授業を止めて調べることができるのは東進ならではだと思います。

史料集は重くてみなさんは持っていきたくないと思いますが、それは間違いで史料集で地図などを確認することが歴史を勉強する上ですごく重要になってきます。センターの過去問を見てもらうとわかるように地図問題が多く、知っていれば簡単に答えることができてしまいます。

 

次に復習について説明します。当日受けた内容はすぐに復習して一問一答でアウトプットするようにしていました。また、次の日は受講する前に前日勉強した内容を復習してから受講するようにしていました。また、その次の日には前々日に勉強した内容と前日勉強した内容を復習してから受講してました。

 

このように3日間のスパンを軸に復習していました。これができるのは時間がたくさん取れる夏休みだからです!!

 

上記で説明したとおり夏休みだからこそ勉強できる方法などたくさんあります。部活で忙しいのはわかりますが、東進に来て是非文武両道を実行してみましょう!!

 

東進ハイスクール藤沢校 担任助手 中野 友太