夏休み勉強法~国語編~ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2016年 8月 21日 夏休み勉強法~国語編~

 

こんにちは!!上智大学経済学部経済学科2年の池田 理紗です。

毎日暑いですね。一気に3個も出現した台風の進路も気になりますね。

暑すぎて外に出るのが辛いです…。まだまだたくさんいるセミも怖いです。

さて、今日は国語の勉強方法についてお話します。

 

国語でまず対策を考えやすいのは、古典です!!

古典は単語や句法など覚えることさえ覚えてしまえば、一気に得点アップが期待できます!!

まだ不安が残っている人は絶対に夏休み中に覚えてしまいましょう。古文単語や古文常識、漢文句法などでまだ覚えきれていないものがあるなら今すぐにやりましょう!!

 

次に、苦手な人も多い現代文!

現代文は今までに触れてきた文章量がものを言う科目でもありますが、評論などによく使われる難しい言葉の意味を頭に入れるだけで、意味が取れなかった問題の内容が読み取れるようになるなどの変化も期待できます!

普段の勉強や模試で出てきた分からない単語をその都度調べて語彙力を増やしましょう。

国語を勉強することで、小論文や歴史科目の論述の力もつくと考えられます!

 

手っ取り早いのは林先生(現代文)や栗原先生(古文)をはじめとするカリスマ講師の授業を受けることですね…!

私も受験生だった時、国語なんて自力でできる!!と思っていましたが、この二人の先生の授業を受け始めて1講1講を理解していったところ一気に安定した得点源になりました。

受験期に養った国語力や論理的思考力は今でも役に立っています。

 

東進ハイスクール藤沢校担任助手 池田 理紗

 

↓↓ 資料請求、体験授業のお申し込みはコチラから↓↓

 

 

最新記事一覧

過去の記事