★志望校対策HR~上智大学ver~★ | 東進ハイスクール藤沢校|神奈川県

ブログ

2017年 10月 20日 ★志望校対策HR~上智大学ver~★

 

こんにちは!上智大学経済学部経営学科に通っている間 貴洋です。

この前まで30度を記録するような天気だったのに、

いきなり12月の気温になってしまって

服装の対応が難しいですよね。

急な気温の変化によって体調を崩す人も多くなってきているので

気をつけてください!!

今日は東進ハイスクール藤沢校で行われた上智大学対策HRについてお知らせしたいと思います。

 

 

志望校対策HRとは大学の学部、学科ごとに本番の入試問題について

対策法を実際に受験した担任助手が伝えるという会です。

上智大学といえば英語!!!

と思う人が多いと思いますが、上智大学の英語には

①大問が5問のタイプと8~9問のタイプの2種類があること

②文法問題が必ずあること

③長文に使われる単語のレベルが高いこと

3つの特徴があります!

①については5問の方を精読型、8~9問の方を速読型

だと言われています。

5問のタイプは1問、1問の長文の文章量が多く

また難解な文章構造になっているため

時間をかけてでも

1問、1問丁寧に解く必要があります

逆に8~9問は一つ一つの長文の文章の量はそこまで多くはないですが、

1問あたり約10分という短い時間で解き切らなければならないので

何よりも速読力が問われます

②については上智大学では正誤問題や穴埋めタイプ

の文法問題が出題されます。

文法は多くの人が最初に習う分野ですよね!

忘れてしまったりしていませんか?

多くの人が受験間近になると長文演習に多くの時間を割き

文法問題をおろおかにしてしまう傾向があります。

しかし、上智大学の受験を考えている人は必ず文法の参考書を確認し、

文法問題を演習するなどの対策を練っておいてください

③については上智大学の英語の問題はネイティブスピーカーの先生が作成しており

日本人が学校で

どのような単語を習うのか

知っていない人が作成することになります。

このため、大体このレベルの単語をやっておけば大丈夫だろうと思っていても

それ以上に高いレベルの単語が出題されることがあります。

更に高いレベルの単語集を使ってもいいのですが、この時期の受験生の皆さんには

単語集を使って単語を覚えていく時間を確保するのは難しいと思います。

そこで今回は

私が現役時代にやっていた方法を

紹介します。

その方法とは実際に上智大学の過去問を解き、

その中でわからなかった単語を

ノートなどに集めて

自分だけのオリジナルの単語帳を作ることです

上智大学では一度出題された単語は再び出題されやすい傾向があるので非常におすすめです。

以上が上智大学の英語の傾向です。他の科目などについて詳しく聞いてみたいという人は

是非、藤沢校まで足を運んでください!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。<(_ _)>

 

東進ハイスクール藤沢校担任助手 間 貴洋

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓お申し込みはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓